« 2018.11.23 マキシマム vol13〜スペシャル〜 #落語 | トップページ | 2018.12.30 東洋館スペシャル寄席 #落語 »

2018年12月17日 (月)

2018.12.15 円丈のクリスマスプレゼント #落語

日本橋亭で行われた圓丈師匠の会へ行って来た。
小歌師匠を生で見れるので楽しみにしていた会でもある。

■三遊亭あおもり 落語 スピード狂の詩
後の出演者の内容が盛りだくさんなので、短い噺ということで、この根多だった。

■三遊亭わん丈 落語 三題噺
この日は朝日名人会からのこの会だったそうだ。根多出ししてなかったのは三題噺をやるからだったのだろうか。
「クリスマス、誕生日、猪」のお題をもらって即噺に入った。
物語を考えながらの落語にしてはまとまっていた。さすがは新作派。

■三遊亭天どん 落語 12・18
「クリスマスの夜に」を根多だししていたが、三題噺の題にも出てしまった感はあるからか、変更になった。
クリスマス根多は3本程あるそうだ。別のクリスマス根多に替えた。タイトルにクリスマスが付かない噺だ。
レンタルビデオ屋にビデオを借りに来た主人公と店員の物語。
返却期限である一週間後がクリスマスというのがこの噺のキモだ。

■三遊亭小歌「武勇伝トーク」 聞き手 三遊亭圓丈
司会進行はわん丈君、付添あおもり君
小歌師匠は名鑑の写真でしか見たことが無く、生の姿は初めて拝見した。
圓丈師匠とは香番は三カ月違い(圓丈師匠が先輩)の同期組だそうだ。お二人会話から仲の良い前座時代を送ったように思えた。
小歌師匠は落語はやらずにトークのみだった。春団治師匠のような昭和の芸人のイメージに浮かびそうな過去のすごい武勇伝を聞かせてもらった。
直前に師匠からフラれたであろう司会のわん丈君。上手にしきっていた。
圓丈師匠と小歌師匠の二人だけだったらグタグタになっていたかもしれない。

お仲入り

■オークション大会
司会はわん丈君と途中から手伝い参加のめぐろ君のお二人。
貴重な20年前のカレンダーや手ぬぐい等のオークションやプレゼント品もあった。
私は以前のかわら版の表紙につかわれた白酒師匠のサンタ姿写真の絵ハガキを頂いた。

■三遊亭圓丈 落語 紙飛行機イヴ
「月のじゃがりこ」を根多出ししていたが、圓丈師匠も当日に根多を変更した。
変更したが、じゃがりこは新しい噺にも出てきた(笑)
人情噺だった。
圓丈師匠は相変わらず台本を見ながらの高座だったが、気力は少しだが復活していたように思う。

今回は三題噺や司会でわん丈君が大活躍の会だった。
NHKの落語大会VTRも見たが、古典もなかなか上手なので、わん丈君の会も今後は観に行って見たくなった。

|

« 2018.11.23 マキシマム vol13〜スペシャル〜 #落語 | トップページ | 2018.12.30 東洋館スペシャル寄席 #落語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018.12.15 円丈のクリスマスプレゼント #落語:

« 2018.11.23 マキシマム vol13〜スペシャル〜 #落語 | トップページ | 2018.12.30 東洋館スペシャル寄席 #落語 »