« 2018.01.20 日本講談協会定席 #講談 | トップページ | 2018.02.25 鈴本演芸場早朝寄席 #落語 »

2018年2月11日 (日)

2018.02.10 かめあり亭落語まつり #落語

亀有へ久し振りに行った。リリオホールでの落語会だが、その前に恒例にしている駅前の両さんにご挨拶をしてから。
リリオ―ホールでは新作落語の会だ。
どんな会だったのか。

■三遊亭ぐんま 落語 グレコ奮闘記
前座はぐんま君。前座ではあるが新作をやるといいこの噺をやった。
自分の高校時代活動していたレスリング部の事をベースにした噺だという。
最後は白鳥一門のお家芸座布団技を入れて、座布団をバックドロップからブリッジ状態でホールする。
若さあふれる芸に場内大歓声。
客席を新作の会の態勢に温めてくれた。
ぐんま君の芸は白鳥師匠のDNAを純粋培養しているように感じた。

■古今亭駒次 落語 十時打ち
独自の世界を築いてしまった駒次君のこの会の根多は十時打ち。
特急列車の指定券は十時発売で、知らなかったが人気列車の切符は十時丁度に売り切れるそうだ。
腕利きの係り員は事前に機械にデータを打ち込んでおいて、10時丁度に発券し運と腕が良ければ指定券をゲットできる。これを十時打ちというそうだ。
上野駅員と東京駅員の壮絶な戦い?の噺

■三遊亭白鳥 落語 最後のフライト
久し振りにこの噺を聴いた。
お客参加型落語。
今日のお客さんは新作を聴きに来ている客だからだろうかノリが良かった。

お仲入り

■柳家喬太郎 落語 母恋くらげ
マクラが立ち食い蕎麦の話しから、池袋の居酒屋で盛り上がった。マクラだけでも一席分のクオリティがあった。
そしてこの根多。
他の噺家さんでのこの根多も聴くが本家のタコが一番気持ち悪い(笑)
最後はタコ踊りしながら下がった。
気分が良かったのかな。会場大盛り上がり。

■林家彦いち 落語 遥かなるたぬきうどん
圓丈師匠の作品だ。
彦いち師匠なりに手が入っていて、新鮮な気持ちで聴けた。
江戸前の料理職人と客の噺だが、料理が蕎麦ではなくて何故うどんなのか疑問なんだ。いつか圓丈師匠が話してくれないかと期待している。

今日の出演者は皆のびのびと演じていたように感じた。
聴いている方ものびのびと聞けた。
良い会だった。

|

« 2018.01.20 日本講談協会定席 #講談 | トップページ | 2018.02.25 鈴本演芸場早朝寄席 #落語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/66381196

この記事へのトラックバック一覧です: 2018.02.10 かめあり亭落語まつり #落語:

« 2018.01.20 日本講談協会定席 #講談 | トップページ | 2018.02.25 鈴本演芸場早朝寄席 #落語 »