« 2017.12.10 鈴本演芸場早朝寄席 #落語 | トップページ | 2017.12.23 池袋演芸場 12月下席昼の部 #落語 »

2017年12月17日 (日)

2017.12.17 国立演芸場12月中席 #落語

当席は、三遊亭小円歌改メ 二代立花家橘之助襲名披露公演。
満員のお客が祝いの席に集まった。

■橘家 門朗 落語 雑排
門朗君は初めて聴いた。良く声が出ていたし滑舌も良かった。

■古今亭志ん吉 落語 からぬけ

■桂やまと 落語 子ほめ
やまと師匠は久々だった。爽やかさに渋さが加わったかんじ。


■橘家 圓太郎 落語 化け物使い
圓太郎師匠というとこの噺というイメージ。

■翁家社中 曲芸

■三遊亭歌る多 落語 西行
円歌師匠の持ち根多を今風にアレンジしたものだった。
面白かった。

■三遊亭歌司 落語 円歌の旅日記
円歌師匠の思い出話風の根多だった。

お仲入り

■襲名披露口上
上手から歌る多(司会)志ん彌 橘之助 歌司 小さん
橘之助先生?師匠?どう呼べばいいのか(笑)
軽くお辞儀をしている少し顔がシュっとした感じに見えた。
楽しい口上だった。

■古今亭志ん彌 落語 替わり目

■柳家小さん 落語 二人旅

■立花家橘之助 浮世節 たぬき〜道成寺(おどり) 
披露興行中は、三味線、太鼓が入る演出を続けていると言っていた。
太鼓はやまと師匠が50日間担当しているという。
たぬきのフルバージョンは聴きごたえがあった。
太鼓と三味線のコンビネーションも良かった。
最後に踊りで、道成寺を踊った。おどりもキレキレだ。

この会の演者をみると、住吉踊りのメンバーが多かった。
仲の良いグループで盛り立てていた会だった。

|

« 2017.12.10 鈴本演芸場早朝寄席 #落語 | トップページ | 2017.12.23 池袋演芸場 12月下席昼の部 #落語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/66168363

この記事へのトラックバック一覧です: 2017.12.17 国立演芸場12月中席 #落語:

« 2017.12.10 鈴本演芸場早朝寄席 #落語 | トップページ | 2017.12.23 池袋演芸場 12月下席昼の部 #落語 »