« 2016.09.25 ぴっかり☆秋穫祭 #落語 | トップページ | 2016.11.02 吉坊一之輔二人会 #落語 »

2016年10月31日 (月)

2016.10.30 山翁まつり 神田陽司を偲ぶ会 #講談

日本講談協会の山翁まつりに行って来た。
今回は陽司先生を偲ぶ会だった。
開場20分前時点で広小路亭前に長蛇の列。慌てて並んだ。
何とか椅子席を確保できた。
満員札止めで当日券無しだそうだ。
 

■神田桜子 講談 楊貴妃
陽子一門の前座さん。初めて聴いた。
風貌が三味線のえり師匠に似ているので、最初間違えて声を掛けそうになった。(笑)

■神田みのり 講談 鉢の木(前)
鎌倉に出かける前までを演じた。
■神田紅佳 講談 鉢の木(後)
いざ鎌倉の場面を演じた。
■神田松之丞 講談 寛永宮本武蔵伝 車読み (前)
鯉栄先生と車読み。狼退治の場面。狼を誤って殺してしまうところまでを演じた。
松之丞君-鯉栄先生ラインの寛永宮本武蔵伝は力強さがあって一番好きだ。

■神田鯉栄 講談 寛永宮本武蔵伝 車読み (後)
狼退治の後半部分を演じた。狼の遠吠えがいい。

■神田阿久鯉 講談 幡随院長兵衛〜芝居の喧嘩
久しぶりの阿久鯉先生の高座だった。スリルとサスペンス満載。

■神田山吹 講談 ジャック オー ランタン
陽司先生の思い出話をマクラにこの根多に入った。
ハロウィンに因んだ新作だった。

■神田松鯉 講談 太田道灌

お仲入り

■神田紫 講談 紀伊國屋文左衛門
みかん船の場面。紫先生では良く聴く読み物だ。

■神田紅 講談 髪結新三
初代~二代目紀伊国屋文左衛門の解説から髪結新三の導入部分の荒筋を説明してサクサクと5分程で白子屋の御嬢さんを誘拐したところを演じた。

■神田鯉風 講談 神田陽司作 探査衛星はやぶさ
陽司先生の新作「探査衛星はやぶさ」を演じた。
この作品は晩年のヒット作であり代表作でもある。
陽司先生とは一味違うはやぶさだった。

■神田陽司 講談 音源 競走馬物語
さわりの部分を聴いた

■神田陽司を偲んでトーク
台上に下手から、松之丞、鯉栄、阿久鯉、マグナム小林、松鯉、鯉風、山吹<敬称略> 司会は紅先生
用事先生の思い出を一言づつ話してもらった。
マグナム小林さんとの繋がりが結構強いのが分かって驚いた。
マグナムさんはこのトークだけの出演で、高座は無かったんだ。残念。
終演後に陽司先生の生写真を頂いた。
陽司先生を偲んで多くのお客さんが集まった会だった。

|

« 2016.09.25 ぴっかり☆秋穫祭 #落語 | トップページ | 2016.11.02 吉坊一之輔二人会 #落語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/64425377

この記事へのトラックバック一覧です: 2016.10.30 山翁まつり 神田陽司を偲ぶ会 #講談:

« 2016.09.25 ぴっかり☆秋穫祭 #落語 | トップページ | 2016.11.02 吉坊一之輔二人会 #落語 »