« 2014.04.13 黒門亭 第一部  #落語 | トップページ | 2014.05.02 新宿末広亭5月上席夜の部 #落語 »

2014年4月30日 (水)

2014.04.27 日本講談協会定席 #講談

日本講談協会の定席に行って来た。
奇しくも神田京子ちゃんの真打昇進披露パーティと重なっていた。
私はダブルブッキングしてないが、出番のある先輩講釈師方はどういうことになるのか・・・・

神田みのり 講談 寛永宮本武蔵伝~偽巌流 前半
みのりさんの高座は2回目かな。
神田派の宮本武蔵は、「寛永宮本武蔵伝」という解説のマクラからこの根多に入った。
しっかりした大きな声だった。

神田紅佳  講談 川中島合戦 前半
紅佳さんのせいではないが、この読み物に出てくる犀川のイントネーションが長野県民が使うものと違うので、凄く違和感があるんだ。

神田紅葉  講談 西太后
西太后は、昔の中国の人というイメージがあったが、明治時代なんだなと、この日講談を聴いて分かった。
聴いたことのない読み物だった。紅葉さんか、師匠の新作だろうか。

神田鯉風  講談 左甚五郎伝~甚五郎桜
ここにいました、京子ちゃんのパーティーと重なってしまった先輩が・・・
最初のスープだけ飲んで、会場を去ったそうです。
悔しそうに話していた(笑)

神田 紅  講談 白子屋政談 
紅先生もパーティーへ出席した今日の出演者。先生は料理を全部食べそこなったそうだ。
お客さんに挨拶しているうちに、去る時間になったらしい。
根多は今の季節のもの。歌舞伎でもお馴染みの「髪結新三」
芝居根多は十八番だけあって、派手でいい。

お仲入り

神田陽司  講談 白隠禅師の生い立ち
白隠禅師の子育て編ではなく、生い立ちの読み物。
これは初めて聴いた。
因みにパーティ料理の件、陽司先生は、肉までいったそうだ(笑)

神田愛山  講談 蜀山人
前が固い根多だったので、柔らかい物。
狂歌の大家蜀山人の物語。
愛山先生は、尾崎放哉、種田山頭火ら自由律俳句の俳人も講談にしている。
歌人、俳人系の根多が好きなのだろうか。

|

« 2014.04.13 黒門亭 第一部  #落語 | トップページ | 2014.05.02 新宿末広亭5月上席夜の部 #落語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/59556407

この記事へのトラックバック一覧です: 2014.04.27 日本講談協会定席 #講談:

« 2014.04.13 黒門亭 第一部  #落語 | トップページ | 2014.05.02 新宿末広亭5月上席夜の部 #落語 »