« 2014.03.29 講談ゴリンジャー旗揚げ公演 #講談 #落語 | トップページ | 2014.04.10 新宿末広亭4月上席夜の部 #落語 »

2014年4月 8日 (火)

2014.04.05 第10回 The Woman's落語会 By 白鳥 #落語

ウーマンズ落語会へ行ってきた。
日本橋亭に開場時刻少し前に到着したが、既に開場していた。
前方端の座椅子席をゲット。足を延ばして聴けそうだ。
会場を眺めた感じだが女性客が半数近くだった。
しかも若い女性が多かった。
若い女性が聴いて面白い落語なのだろうか。
果たしてどんな会だったのか・・・

■神田きらり 講談 鉄砲のお熊
講談のきらりちゃんがトップ。
白鳥師の「鉄砲のお熊」は2年前に聴いていた。
本を講談に作り替えてあり、古典講談と言っても過言ではない程しっかりした本になっていた。
袖で白鳥師も関心していたらしい。
サゲは無く、というか切れ場で終わるというのが、きらりちゃんのこだわりだったようだ。
良かったです。

■柳亭こみち 落語 鉄火のお千代
午前中、子供さんの入園式に行ってきて、すっかりお母さんになってしまったこみちさんの登場である。
わが子根多をマクラに、この根多に入った。
この噺は初めてだった。
簡単に表すと大工調べの前半部分を違うシチュエーチョンにした作品か。
白鳥師の解説によると、途中幾つかのくすぐりはこみちさんが考えた物だとのこと。
普段古典根多しか聞いたことが無かったので、くすぐりの場面は新鮮だった。
江戸時代の設定だったので、古典派のこみちさんでも違和感なくやれたのではないだろうか。
聴く側の私は、全く違和感なく聴けました。

お仲入り

■三遊亭白鳥 落語 金のキョロちゃん
貧乏神の王が息子に後を譲りたいが、息子は貧乏神の発するマイナスパワーではなく、プラスパワーを持っていた。このため人を豊かにしてしまう。
そこで、息子を人間界に修行に出し、マイナスパワーを送るが・・・・
実にばかばかしいが、白鳥師の計算されたくすぐりが面白かった。

■三遊亭粋歌 落語 保母さんの逆襲
トリは、粋歌ちゃん。
根多は白鳥師のものではなく、彦いち師のものだった。
子供たちから馬鹿にされたり、失恋してしまったりでキレてしまった保母さんが、銀行強盗をするが・・・
彦いち師っぽいスリルとサスペンスとアクション落語だった。
これを粋歌ちゃんが再構築して演じたヴァージョンは、優しい感じの保母さんになっていた。
面白かったです。

最前列に男の子がいた。
この子がくすぐりの場面でとても良いタイミングでしかも大きな声で笑ってくれるので、演者はやり易かったのではないか。
会場も暖まった。

|

« 2014.03.29 講談ゴリンジャー旗揚げ公演 #講談 #落語 | トップページ | 2014.04.10 新宿末広亭4月上席夜の部 #落語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/59434556

この記事へのトラックバック一覧です: 2014.04.05 第10回 The Woman's落語会 By 白鳥 #落語:

« 2014.03.29 講談ゴリンジャー旗揚げ公演 #講談 #落語 | トップページ | 2014.04.10 新宿末広亭4月上席夜の部 #落語 »