« 2013.01.06 新年初笑い フレル寄席 #落語 | トップページ | レ・ミゼラブル 2012 »

2013年1月16日 (水)

2013.01.12 あおいちりん #講談

講談会へ行ってきた。
あおいさんと、一凛さんの二人会。
冬場11月、1月、3月の3回行われている会だ。
会場四谷区民センター。
四谷とは言っても、ほとんど新宿御苑。
会場の12階の和室へ到着。
旅館の部屋みたいだ。(笑)

■神田あおい 講談 メリサンド姫の髪の毛
トップはあおいさん。
一凛姉さんが未だ来ていないという。
前の仕事から移動中らしい。
時間つなぎで長いまくら。
根多は書下ろしの根多おろし。
「メリサンド姫の髪の毛」という西洋の童話を講談化したものだ。
童話の講談化は、以前もあおいさんはやっている。
得意な分野だ。
この物語は初めて聴いた。妖精に髪の毛が生えなくなる魔法をかけられたメリサンド姫。
別の妖精から、15歳になったとき一つだけ願いを叶えられる魔法をかけられた。
15歳の時母親から言われた通りに願うと、髪の毛が伸びてきたが、伸びがとまらない・・・・
いい出来だった。
特にくすぐりがよかった。
あのくすぐりがないと地味な作品になっていたかもしれない。

■宝井一凛 講談 出世の富くじ
無事に到着(笑)
根多は年末によく聴く読み物だった。
富久や文七元結、佃祭等の落語の色々なエッセンスが詰まった読み物。
細部まで丁寧にやったので、けっこう長講となった。

お仲入り

■神田あおい 講談 左甚五郎〜七越太夫
一凛さんは長講だったので、時間の関係であおいさんだけ2席。
後席は古典。
七越大夫だ。
落語・講談国ではこの噺とか、たちきりとか、焦がれ死にがあるが、それは無いな(笑)
ラブレター(メールかな)を100通以上も出したら、いまだったら逆にストーカー扱いだなと、そんな事を思いながら聴いていた。
古典は、古典として聴きましょう(笑)

盛況な会だった。
狭い和室だったからかもしれないが、大勢のお客が詰めかけた。
縁側(ビルの中だが)の障子を取り外してスペースを広げて調節した。和室はそういうところは便利だ。

|

« 2013.01.06 新年初笑い フレル寄席 #落語 | トップページ | レ・ミゼラブル 2012 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/56539458

この記事へのトラックバック一覧です: 2013.01.12 あおいちりん #講談:

« 2013.01.06 新年初笑い フレル寄席 #落語 | トップページ | レ・ミゼラブル 2012 »