« 2012.12.22 よしだ・そば切り寄席 #落語 | トップページ | 2012.12.28 池袋演芸場下席昼の部 #落語 »

2012年12月26日 (水)

2012.12.24 五日連続読みの会 #講談

夏にやった企画が帰って来た。
五日連続読みの会。
月~金の朝の会。なので夏は聴けなかったが、この日は振替休日のクリスマスイブ。
観てきた。
どんな会だったか。

■神田すず 講談 朝顔日記
朝顔日記を読む。
この読み物はタイトルは聞くが内容は知らない。
主人公は儒学者の青年、宮城八十次郎。螢狩りの最中、屋形船で出逢った良いところのお嬢様に見初められてしまう。
さぁこの恋はどうなるのか・・・
ここからが面白いが、つづきはまた明日だ。
屋形船で酔っぱらいの男が、唄う場面が有った。
八木節を鼻唄でやった。
高座で唄ったのは、初めてだそうだ。
山緑兄が国定忠治を演るので、八木節にしたそうだ。
本来はこの時代に八木節だ無いそうだ。
ウケたから明日も演るという。

■神田山緑 講談 国定忠治と浅太郎
山緑君は、国定忠治。
子分の朝太郎が裏切りと勘違いして勘助を殺す。
首を持って忠治のところへ行きそれが分かる。
丁寧に葬り、父の顔を知らない勘助の子供の勘太郎を命懸けで育てる事になる・・・
とんでもないシチュエーションだが、それは講談のお約束。
そう思わないと、耐えられない話。
この場面の後が「赤城の子守歌」につながるらしい。
そうなんだ、ふーん。
母親に逃げられたしょうもない男の唄だと思っていた。

早々につばなれした会だった。
固定ファンがいるのだろう。
連ドラといっしょで、その次が聴きたくなるのが連続物のいいところ。
一回だけというのは残念だがしょうがない。

|

« 2012.12.22 よしだ・そば切り寄席 #落語 | トップページ | 2012.12.28 池袋演芸場下席昼の部 #落語 »

コメント

クリスマスイブの記事への書き込みとしては
ありえないほど間が抜けておりますが、

あけましておめでとうございます
本年も寄席演芸をよろしくお願い申し上げます

投稿: 笑組・ゆたか | 2013年1月 1日 (火) 19時19分

ゆたかちゃん、おめでとうございます。
ご丁寧にありがとうございます。
今年もよろしくお願いします。

投稿: | 2013年1月 2日 (水) 14時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/56392804

この記事へのトラックバック一覧です: 2012.12.24 五日連続読みの会 #講談:

« 2012.12.22 よしだ・そば切り寄席 #落語 | トップページ | 2012.12.28 池袋演芸場下席昼の部 #落語 »