« 2012.12.14 日比谷次世代寄席 春風亭ぴっかり ~落語の歴史と落語家ライフ~ #落語 | トップページ | 2012.12.22 よしだ・そば切り寄席 #落語 »

2012年12月21日 (金)

2012.12.20 池袋演芸場 12月中席夜の部 #落語

池袋の中席に行ってきた。
12月の中席といえば、講談で義士伝というの芝居が続いている。
以前は2代目神田山陽が主任で行われていたが、師匠亡き後は弟子の女性講談師3名、陽子、紅、紫の先生達が後を継いでいる。
20日千穐楽は紅先生の担当だ。
池袋演芸場到着は、丁度仲入り休憩時間だった。
仲とりの桃太郎師匠から聴きたかったが、叶わなかった(T-T)
どんな会だったのか・・・

■三遊亭遊馬 落語 たらちね
くいつきは、遊馬師匠。
持ち時間が有ったからなのか、たらちねの構成が変っていて新鮮だった。
嫁が来るまでに時間を費やした。
ポーリポリーのサークサクの食事の稽古他にも、夫婦喧嘩の稽古等妄想タイムをたっぷり。
翌朝になる前に終わる形だった。
こういう形も有るんだな。

■三遊亭金太郎 落語 ふぐ鍋
関東では珍しい冬の噺だった。
昨年一琴師匠で聴いたきりだ。
アツアツのふぐ鍋をつつく所作が良かった。
もうおなかが空いてたまらなかったよ。

■鏡味正二郎 太神楽曲芸
最近見るようになった、包丁3本のバランス芸がいい。

■神田紅 講談 義士伝~二度目の清書
千穐楽の義士伝には、「二度目の清書」を持って来た。
寺坂の口上の場面が見せ場。
口上が終わると、掛け声と拍手。
義士伝の後は「せつほんかいな」を踊ってお開き。
今年の中席が終わった。

終演後は、中華レストランで紅軍団の方々と打ち上げ。
30名くらいだったかな。
主賓の紅先生だが、千穐楽の打ち上げは主任が出演者に振舞うので、今回は我々の会には参加できないという。
紅一門も半分は芸人さんの打ち上げの手伝いへ回った。
すまなそうに挨拶をされて紅先生は芸人さんの会場へ向かわれた。
お客との打ち上げ以上に、主任の立場になると、千穐楽の打ち上げというのは大切なんだな。
今回初めて遭遇して分かった。
われはれは、適当に打ち上がってこれはこれで楽しかった

|

« 2012.12.14 日比谷次世代寄席 春風亭ぴっかり ~落語の歴史と落語家ライフ~ #落語 | トップページ | 2012.12.22 よしだ・そば切り寄席 #落語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/56363399

この記事へのトラックバック一覧です: 2012.12.20 池袋演芸場 12月中席夜の部 #落語:

« 2012.12.14 日比谷次世代寄席 春風亭ぴっかり ~落語の歴史と落語家ライフ~ #落語 | トップページ | 2012.12.22 よしだ・そば切り寄席 #落語 »