« 2012.11.29 柳家さん生独演会 #落語 | トップページ | 2012.12.11 講談カフェ 12月 #講談 »

2012年12月 3日 (月)

2012.12.01 神田すず勉強会 #講談

すずちゃんの勉強会へ行ってきた。
師走。場所は両国亭。
今年最後の勉強会。
そして、連続物のモンテクリスト伯最終回である。

■神田すず 講談 モンテクリスト伯
最期の復讐相手は、検事総長ヴィルフォール。
自分を、無実なのを知りつつも保身の為に有罪にして監獄島へ幽閉した相手だ。
この回は沢山人が死にました。
ヴィルフォール家の老僕バロア、妻エミリー、息子エドゥワール。
娘ヴァランティーヌと相次いで毒殺。
ヴィルフォールは、裁判中の若者(殺人罪)が自分の息子であることを知る。
家族の死と裁判でのショックが重なり、遂にヴィルフォールは生ける屍になてしまった。
しかし死んだと思っていた娘ヴァランティーヌだが、実はモンテクリスト伯によって強い睡眠剤で眠っていただけだった。
モンテクリスト島で、婚約者マクシミリヤン・モレルと結婚
モンテクリスト島で暮らす。
モンテクリスト伯は、旅に出た。
おしまい。
1時間の長講だった。
終わり方はあっさりしていた。
一年間、13回。長かったような、あっと言う間だったような。
毎回作って配布していたあらすじと、登場人物説明。
読み直してみた。最初は手書きだった。
懐かしい。

■三遊亭好の助 落語 辰巳の辻占
死ぬ話の後に、また死ぬ噺だ(笑)
しかも心中。
すずちゃんが長講だったので、さくっと10分程度の高座だった。

お仲入り

■神田すず 講談 水戸黄門
後高座は黄門記。
出世の高松の序の部分。
この読み物でも、序盤ご落胤寅松の母おしまが産後死んでしまう。
最後の会は、死ぬ話ばかりだった(笑)

来年はどんな物語に挑戦するのだろうか。

|

« 2012.11.29 柳家さん生独演会 #落語 | トップページ | 2012.12.11 講談カフェ 12月 #講談 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/56245401

この記事へのトラックバック一覧です: 2012.12.01 神田すず勉強会 #講談:

« 2012.11.29 柳家さん生独演会 #落語 | トップページ | 2012.12.11 講談カフェ 12月 #講談 »