« 2012.11.22 鈴本演芸場 下席夜の部 #落語 | トップページ | 2012.11.29 柳家さん生独演会 #落語 »

2012年11月26日 (月)

2011.11.23 福袋演芸場 #落語

「次はお人形のぴっかりちゃんですよ」と下がる時の歌扇さんの言葉。
福袋演芸場に来ています。
ほぼ満席です。
昨晩の鈴本より多いんじゃないかというくらいの混みよう。
歌扇さんの言葉は、人形のようにかわいいぴっかりちゃんが出てきますよという意味なのか、何なのか・・・

■柳家喬之進 落語 仏馬
トップバッターは喬之進さん。
ぴっかりちゃんは仲トリ。この高座を聴いて帰らないでと、喬之進さんが釘を刺した。
噺の方だが、珍しい落語が聴けた。
生では初めてかもしれない。

■柳家小んぶ 落語 家見舞
続いて登場の小んぶさん。マクラで歌扇さんについて触れた。
彼は噺家になる前は漫才をやっていたそうで、芸人としてのキャリアでは菊之丞師匠と同期そうだ。
それから、腹話術が得意だと言っていた。
根多は、お馴染みの「家見舞い」

■三遊亭歌扇 落語 天狗裁き
小んぶさんに腹話術が得意だと振られたので、やるという。
「お~い、人形持って来て」と楽屋に声を掛けた。
もじゃもじゃの髪の毛の人形というか、なまものの登場だ。
口に縦に筋を描いて、人形っぽくなっている。
髪形で誰か一瞬にわかった。
場内爆笑。
ぴっかりちゃんのヨゴレは初めてだ。
こういうのもやれるんだ(笑)
というわけで、小んぶさんの高座から根多振りをするという、用意周到な根多だった(笑)

■春風亭ぴっかり 落語 牛丼晴れ舞台
人形メイクを綺麗に落した、普通のぴっかりちゃんが登場。
根多がアイドルものなので、マクラもAKB48オーディション根多や、桃黒亭一門根多等で会場を沸かせた。
根多の牛丼晴れ舞台(アイドル編)は聴くのは2回目。
牛丼屋の牛野家利子師匠が、江戸弁の職人さんになってしまったところがあったが、旨く返したので問題なし。
この根多も「こうもり」のように定席で聴けるようになると良いな。

お仲入り

■林家たこ平 松山鏡
ぴっかりちゃんの仲トリの高座を聴いて帰らないでと、喬之進さんが言っていたにもかかわらず、帰ってしまったお客さんがいた。少し客席に空きが見えている。
そんなことにはめげずに、たこ平さんは松山鏡をしっかりと演った。

■鈴々舎八ゑ馬 落語 書割盗人
トリは八ゑ馬さん。
鈴元の早朝寄席や、他の落語会等で、八ゑ馬さんとぴっかりちゃんのコンビをよく見る気がする。
そういえば、笑点の若手大喜利も出ていたな。
偶然なんだろうけど。
八ゑ馬さんは、次期R-1に再挑戦するという。
その根多出しをした。
 ・結婚挨拶
 ・読モ
結婚挨拶は以前聴いたことがある。短編の落語だが、それを更に2分に圧縮してあった。
読モ(ドクモ)は初めてだ。
落語ファンのウケは上々だったが、女子高生のお姉ちゃん達にウケるかどうかわからない。
続けて「書割盗人」。だくだくの上方ヴァージョンというか、本家ヴァージョンだ。
オチや細部が若干違っていたところが分かった。
今年最後の福袋演芸場だった。
一年はあっと言う間だったね。あと一月あるけれど。
来年の福袋はどんな噺が登場するのか、楽しみにしておきます。

|

« 2012.11.22 鈴本演芸場 下席夜の部 #落語 | トップページ | 2012.11.29 柳家さん生独演会 #落語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/56197765

この記事へのトラックバック一覧です: 2011.11.23 福袋演芸場 #落語:

« 2012.11.22 鈴本演芸場 下席夜の部 #落語 | トップページ | 2012.11.29 柳家さん生独演会 #落語 »