« 2012.10.06 神田すず勉強会 #講談 | トップページ | 合言葉は10.20☆ #落語 »

2012年10月10日 (水)

2012.10.07 三鷹講談会 #講談

半年ぶりに三鷹講談会へ行った。
いつもは火曜の夜の会だが、今回は日曜の夜の会だ。
午後の会ならいざ知らず、夜の会ですからどうだろうと少し心配していた。
しかしそこそこの入りではなかったかな。
どんな会だったか・・・

■宝井梅湯 講談 寛政力士伝~小田原遺恨相撲
伊豆に大巌という素人だがめっぽう強い相撲取りがいた。
汚い取り口で相手を負かし、人々から恐れそして嫌われていた。
お山の大将大巌は江戸のプロの相撲取りを挑発する発言をした。この声を谷風が聞いて、小田原で対戦する事になった・・・
私は初めて聴く読み物だった。
勉強になりました。

■一龍斎貞弥 講談 平家物語~祇王と仏御前
清盛は最初白拍子の仏御前を可愛がっていたが、仏御前に紹介された祇王を見ると手のひらを返したように、祇王を寵愛するようになる。
そして屈辱と寂しさを引きずり仏御前は山里の庵で仏に祈りを捧げる生活に入る・・・
勧善懲悪の講談の世界では、平家は悪役に仕立てられる事が多い。
この読み物も清盛を悪者にしていた。
声優から講談の世界へ入るケースが有る。
この人もそう。
そう思って聴くと、男の声がアニメ声だ(笑)
歌う場面があったが、上手かった。

■神田陽司 講談 徳川3.5代将軍
久しぶりに聴いた。
お犬様が将軍になるという設定の、陽司先生の新作。
でも新作だと分かって聴いている人は少なかったのではないかな。

お仲入り

■一龍斎貞橘 講談 義士銘々伝~安兵衛駆けつけ
来春真打ち昇進が決まっている貞橘さんがトリ。
安兵衛駆けつけを読んだ。
力強さと爽やかさのある高座だった。

三鷹講談会の4席2時間という尺は私にあっているようだ。
長過ぎずに、緊張感を持続して聴ける。

|

« 2012.10.06 神田すず勉強会 #講談 | トップページ | 合言葉は10.20☆ #落語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/55855619

この記事へのトラックバック一覧です: 2012.10.07 三鷹講談会 #講談:

« 2012.10.06 神田すず勉強会 #講談 | トップページ | 合言葉は10.20☆ #落語 »