« 圓朝まつり2012 その3 #rakugo | トップページ | 2012.08.16 池袋演芸場8月中席夜の部 #rakugo »

2012年8月13日 (月)

2012.08.11 神田すず勉強会 #koudan

月一度の神田すず勉強会へ行ってきた。
先月は行けなかったので、モンテクリスト伯の行方が気になっている。
会場の両国亭へ到着。
木戸にすずちゃんを発見。
向こうも私を発見。
刹那、「ぷっ」と吹き出し笑いをしたんだよ。
私があまりにもリゾートっぽい格好だったからだそうだ。
リゾートぽい格好で講談聴いたっていいじゃないか。

■神田すず 講談 モンテクリスト伯 8
モンテクリスト伯と称するエドモン君、ついにパリへ乗り込んできた。
この地で復讐の相手3名に近づいた。
命の恩人だったり、金銭の支援をしたりと3名と関係を作っていく・・・
まくらを少し記しておく。
今と昔の金の価値について話した。
大正時代の1円は、今の1万円
エドモン君時代の50万フランは今の1億円だそうだ。
今回50万フランというお金が登場するので、その価値を前提としてわかってもらう為だ。
因みにモンテクリスト伯の家の住所は、シャンゼリゼ通り80番地と言っていた。

■田辺一乃 講談 山本八重の生い立ち
会津のジャンヌ・ダルク山本八重を描いた物語だ。
一乃さんの新作講談だと、後で登場するすずちゃんが言っていた。
雄々しい戦場の場面あり、力強い高座だった。
山本八重は、来年の大河ドラマの主人公だそうだ。
この講談で来年飯を喰うつもりかな、一乃さん。

お仲入り

■神田すず 講談 牡丹灯籠~お札はがし
すずちゃんの後高座は、夏の定番の怪談。
松鯉先生は乳房榎木をおやりになるが、神田派は「牡丹灯籠」か、怪談じゃないが、「丸山応挙の幽霊画」が多いかな。
昼間で、明るいし、何せ私はリーゾート風だから(笑)怖くはなかった。

|

« 圓朝まつり2012 その3 #rakugo | トップページ | 2012.08.16 池袋演芸場8月中席夜の部 #rakugo »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/55415431

この記事へのトラックバック一覧です: 2012.08.11 神田すず勉強会 #koudan:

« 圓朝まつり2012 その3 #rakugo | トップページ | 2012.08.16 池袋演芸場8月中席夜の部 #rakugo »