« 2012.07.22 鈴本演芸場 早朝寄席 #rakugo | トップページ | 2012.07.29 黒門亭 第一部 #rakugo »

2012年7月25日 (水)

東横線と副都心線の直通運転開始日が決まりました

演芸の話題はちょっと置いて、今回は鉄の話題です。
長い間行われています渋谷駅前の再開発。
今年4月、東急文化会館跡地に新しいビル「ヒカリエ」がオープン。
そして来年3月16日には、東横線と副都心線の直通運転が開始になります。
↓相互直通運転の開始日が2013年3月16日に決定!
http://www.tokyu.co.jp/contents_index/guide/news/120724-1.html
でもまだ渋谷の駅前工事は続くんですよね・・・・

来年の直通運転の為に、副都心線と、新東横線ホームのできる地下ホームエリアの工事が進んでいます。
この前副都心線に乗った時ですが、副都心線の2つのホームの間にパーティションができて、往来がしにくくなっていました。
一時的なものでしょうかね。
さてと、寄席者田園都市線生活者にとって、この東横線-副都心線直通運転の意味するところは何かあるのか。
それを考えてみた。
今や末廣亭、池袋演芸場への道は、渋谷からの副都心線ということになっている。
副都心線開業で便利にはなったが、渋谷乗換えは狭いホームで、人がJR側・副都心線側へとクロスしてかなりの混雑になるのが辛いところ。
東-副直通運転により、新宿方向へ行くのに渋谷で乗り換えなくともよくなるのは、便利になるのかなと漠然とだが思う。
溝の口以西から田園都市線で東横線に乗り換えるのには2回乗換えが必要で、今まで田園都市線で渋谷で乗換えた事から相殺しても1回乗換えが多くなる。
乗換えの面倒臭さとそれに掛かる時間。これと渋谷・自由が丘乗換えの煩雑さを天秤に掛けて何方かいいかなという判断になる。
私の場合はですが。
乗車時間のシミュレーションをしてみた。
o1. たまプラーザ-溝の口(大井町線)-自由が丘(東横線)-新宿三丁目
東急の参考試算値 横浜駅 ⇔ 新宿三丁目駅 32分 を基本として考えてみた。
・たまプラーザ~新宿三丁目時間=(横浜~新宿三丁目時間)-(横浜~自由が丘時間)+(たまプラーザ~自由が丘時間)
分かっている現行の道部分の時間
・たまプラーザ-自由が丘=15分 + 自由が丘乗換え等時間5分 =20分
・横浜~自由が丘=17分

=32-17+20=35分

o2.たまプラーザー(田園都市線)-渋谷(副都心線)-新宿三丁目<現在の道>
渋谷乗換えに掛かる時間を7分で見積もっている。
=33分

乗換えが多い分、現行の方が時間的には早いというシミュレーション結果だった。
渋谷乗換え時間を7分で見積もっても、現行の方が早いのか。
稀にある、長津田からの大井町線直通運転を使うと、op1.の乗換え時間は1分短縮だな。
1分・2分は差じゃない。とにかく渋谷の混雑は避けたいという考えもあるだろう。

結論。
その人の乗りたい方

テーマ外ではあるが、来年の直通運転以降は、両東急線から、JR、銀座線への乗換えで朝の渋谷駅は尋常じゃない混雑になりそうな予感。

東横線渋谷駅のその後。
東横線の地下化が完了した後は、地上の東横線渋谷駅を撤去して、離島化している湘南新宿ラインの本土寄り化工事が始まるそうですよ。
未だ未だ工事は続きますね。
東急線から新宿方向への道は副都心線になりましたからねぇ。
残りの工事をしても、便利になるんだか、ならないんだか。

|

« 2012.07.22 鈴本演芸場 早朝寄席 #rakugo | トップページ | 2012.07.29 黒門亭 第一部 #rakugo »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/55278498

この記事へのトラックバック一覧です: 東横線と副都心線の直通運転開始日が決まりました:

« 2012.07.22 鈴本演芸場 早朝寄席 #rakugo | トップページ | 2012.07.29 黒門亭 第一部 #rakugo »