« 末廣亭の下席夜の部なんですが・・ #rakugo | トップページ | 2012.07.15 夏TEN第1部 志ん八・駒次その世界 #rakugo »

2012年7月16日 (月)

2012.07.14 第一回本牧特選 女子講談会 #koudan

講談の本牧亭が徐々に復活してきた。
本牧新鋭講談会に加えて、上野のとんかつ武蔵野さんの2階で土日に会が行われるようになった。
場所が上野の武蔵野さんということで、本牧亭が上野に来たというよりかは、帰って来たという印象だ。
若手の会から始まって、今回は「本牧特選」という企画の第1回目。
その1回目が「女子講談会」。
講談の現状をよく表した企画だ(笑)
どんな会だったのか・・・

■神田真紅 講談 三方ヶ原軍記~内藤の物見
本は読まずに、演じた。
修羅場の殆ど呪文のようだったが、山の上から兵士の着ているものをはっきり、くっきりと見れている様は、本当かよ(笑)と思わせる如何にも講談という内容だった。
これは真紅ちゃんもボソっと言っていたが。

■一龍斎貞鏡 講談 大岡政談~縛られ地蔵
二ツ目昇進してキャピキャピな貞鏡ちゃん。
落語のぴっかりちゃんと同じように、華がある。
高座に上がるだけで明るく、そして会場が温まっていく。
これも才能なのかな。
読み物は過去に松鯉先生で聴いたことがある。
大変に固く重い講談だったが、貞鏡ちゃんのは、明るく軽いんだ。
こうも違うものかと感心した。
読み方の良い悪いは別にしてだけど。
高座を終えて下がる時、未だ二ツ目に慣れていないのか、自分で釈台を拭いて座布団を返して、それからメクリをめくろうとするんだ(笑)
そこで気がついたからなのか、メクリを落しててしまい「きゃー」と黄色い声。
微笑ましい場面だった。

■神田阿久鯉 講談 慶安太平記~宇都谷峠
悪人をやらせたら日本一ではないかと思う阿久鯉先生が、ネチネチと悪人を演じた。
この場面はそれ程悪悪はしていないが、金棒お鉄とかやったら、「もう勘弁して」とこちらが頼みたくなる。
マクラでの話。
阿久鯉先生だが、講談師になろうと決意するきっかけになったのが、今日のトリの翠月の高座を見たのがきっかけだそうだ。
しかも誕生日が翠月と同じということで、縁を感じているのか楽しそうなマクラだった。

お仲入り

■神田翠月 講談 三味線やくざ
この読み物は、浪曲でも演じられる。
講談では今は翠月先生しかおやりにならないそうだ。
一昨年聴いて今回二度目だった。
翠月先生の声は、若いね。
高い声だが、男っぽい感じが出るののもすごい。
堪能した。

今回3カ月ぶりになってしまったが女将さんの顔や、ご常連の顔が見れてよかった。
次回は8月。打って変わって男祭り。
男子3名の会。

|

« 末廣亭の下席夜の部なんですが・・ #rakugo | トップページ | 2012.07.15 夏TEN第1部 志ん八・駒次その世界 #rakugo »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/55210170

この記事へのトラックバック一覧です: 2012.07.14 第一回本牧特選 女子講談会 #koudan:

« 末廣亭の下席夜の部なんですが・・ #rakugo | トップページ | 2012.07.15 夏TEN第1部 志ん八・駒次その世界 #rakugo »