« キツツキと雨 | トップページ | 立川流に動き #rakugo »

2012年6月 5日 (火)

2012.06.03 池袋演芸場6月上席昼の部 #rakugo

池袋の定席へ行ってきた。
雨の予報もあったが、ぽかぽか日よりだった。
日曜だからか、代演が多かった。

■林家扇 落語 真田小僧
お局様が開口一番だ。
強気な(笑)真田小僧だった。

■春風亭ぴっかり 落語 こうもり
客席の反応をさぐりつつのマクラから、この噺に入った。
固い雰囲気だった客席が、和んで温まって来るのがわかる。
この根多も鉄板化したかな。

■桂文雀 落語 八問答
珍しい根多を聴いた。
私は2度目じゃないかな。

■ホンキートンク 漫才
最前列で観る漫才は、首が痛くなって辛い。
それも端の席だったので、片方の肩と首がこるんだよ。

■林家うん平 落語 芝居の喧嘩
講釈師のように、切れ場を作ってました。
うん平師匠は、こういう噺もお演りになるんだな。

■柳家はん治 落語 鯛
唐獅子牡丹の次によく聴く噺だ。
はん治師匠は、三枝作品を好んでかけているようだ。

■春風亭勢朝 落語 荒茶
お馴染みの荒茶だった。
髭が茶わんに入る辺りから汚くなるので、あまり好きではない噺(笑)

■ストレート松浦 ジャグリング
松浦氏は2度目だ。
ちょっと演出を替えてあった。
ボールの曲だけでも、けっこう見応えがある。
松浦氏はさわやかな演技で、けっこう好きだ。

■林家彦いち 落語 睨み合い
この日マクラでやった体育会系の男の根多と、この「睨み合い」だが、二ツ目の頃はどちらもマクラ根多だった。
「睨み合い」は肉付けしていつの間にか一本の噺になっていた。
私の好み的には、マクラで演った体育会系の男の噺が好き。

お仲入り

■古今亭菊志ん 落語 紙入れ
代演で菊志ん師匠が登場した。
この師匠の演じる「女」は色っぽいね。

■川柳川柳 落語 昭和歌謡史
代演で川柳師匠が登場した。
未だ痛めた足がよくないようだ。
正座ができないので、あぐら姿。釈台を前に置いて演る。
ガーコンの気分では無かったようで、昭和の歌謡曲を語る。
最後は月月火水木金金で締めた。

私は丁度ここで時間いっぱい。
最後まで聴けなくて残念(>_<)

夜の9時から、喬の字兄のFM番組の司会を、代演でぴっかりちゃんがやるので楽しみにしていたら、パソコンが急にネットに繋がりにくくなって聴けなかったよ。

|

« キツツキと雨 | トップページ | 立川流に動き #rakugo »

コメント

3日に続き今日も池袋に行ってきました。雨天で開店休業になってしまったので(汗)。

語りつくされていることですが、ぴっかり☆ちゃんは天性の華はある意味寄席の宝かもしれません。後に続く演者さんもやりやすいと思います。今日は座布団に座る手前でちょっと躓いてしまい館内大爆笑。演目は例の手拭空中浮揚の「ん廻し」

>髭が茶わんに入る辺りから汚くなるので、あまり好きではない噺(笑)

私も荒茶は駄目なんですよ。髭が浸った茶を口にする場面なんかマジで耳ふさいでしまいます。

ストレート松浦さんなんですが最近畳部屋で間近に見る機会がありました。季節的にはまだ寒い時期だったのですが、汗ダクダクの演技。ジャグリングは傍で見ているより肉体的にハードですね。

投稿: B_Blue_WTB14 | 2012年6月 6日 (水) 19時22分

B_Blue_WTB14さんこんばんは。
ぴっかりちゃん、今日は「ん廻し」でしたか。
4月以降平日は大変行き難くなってしまったので、羨ましいです。

ほんとうに、ジャグリングはハードですよね。
ジャグリングは寄席では余り見れないので、松浦さんが出ると分かると楽しみなんですよ。

投稿: ヒロクン | 2012年6月 6日 (水) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/54884251

この記事へのトラックバック一覧です: 2012.06.03 池袋演芸場6月上席昼の部 #rakugo:

« キツツキと雨 | トップページ | 立川流に動き #rakugo »