« 2012.05.04 アルテリッカ演芸座 落語名人+近未来の名人 #rakugo | トップページ | 2012.05.06 第8回江東落語会 #rakugo »

2012年5月 7日 (月)

2012.05.05 神田すず勉強会 #koudan

こどもの日だった。
神田すずちゃんの勉強会へ行ってきた。
私を虜にしている、「モンテクリスト伯」の連続物を聴く為だ。
GWにも拘らず、多くのお客さんが両国亭に集まった。

■宝井梅湯 講談 黒田節の由来
お正月とか、おめでたい時に聴く読み物をいきなり聴いた(笑)

■神田すず 講談 モンテクリスト伯(5)~エドモン・ダンデスの恩返し
脱獄に成功して、財宝を手にしてしまったエドモン君。
故郷へお忍びで帰った。
船乗り時代勤めていたあのモレル商会が、存続の危機に晒されている場面に直面する。
モレル紹介は、自分がいない間、父や家族を大切に守ってくれていた。
家を、父を助けてくれた恩を、得た財宝を使って返すことになる。
この後は慈悲の心を捨てて、自分を陥れた人々への復習の鬼と化すのか・・・・
この後も聴きたくなるように出来ているのが連続物の講談だ。
この席は区切りの問題もあったのだろうか、1時間の長講・熱演だった。

■神田山緑 講談 瞼の母・番場の忠太郎
ゲストで呼ばれた兄さん。
どうやら根多下ろしらしい。
芝居で筋は知っていた。
講談で初めて本筋を聴いた。

お仲入り

■神田すず 講談 小栗判官
SFファンタジー講談だった。
トラブルに巻き込まれて死んでしまった小栗判官。
何十人か目の妻である最後の妻照手姫も、人買いの手に因って売春宿へ売られてしまう。
閻魔大王の計らいで、小栗判官が娑婆に復帰出来ることになったが、照手姫との再会はあるのか・・・
この読み物も45分の熱演だった。
予定を30分超過して、たっぷりと2時間半聴いた。
根多の続き具合もあり、満腹。
御馳走さまな会でした。

|

« 2012.05.04 アルテリッカ演芸座 落語名人+近未来の名人 #rakugo | トップページ | 2012.05.06 第8回江東落語会 #rakugo »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/54656965

この記事へのトラックバック一覧です: 2012.05.05 神田すず勉強会 #koudan:

« 2012.05.04 アルテリッカ演芸座 落語名人+近未来の名人 #rakugo | トップページ | 2012.05.06 第8回江東落語会 #rakugo »