« 前座楽屋入りの今 #rakugo | トップページ | 2012.04.15 アキバ本牧講談定席 #koudan »

2012年4月12日 (木)

女性にオススメの寄席入門 #rakugo

という内容の記事を見つけた。
↓ほっこり笑えて癒される“寄席”
http://news.mynavi.jp/c_cobs/news/getnews/2012/04/post-1747.html
素人の女性向け寄席解説だった。

順不同だが、キーワードを拾ってみた。
「マルチなエンタテインメントスポット」
「“芸のフェス”のようなもの」
「お話が聞ける」
「“寄席デート”を楽しむのも◎」
「女子力アップしちゃうかも。」

寄席なめとんのかぁ!

これだけ見たら言いそうだ(笑)
寄席の紹介で永谷の演芸場も紹介していたので、なかなかよろしい。
鈴本演芸場が無いのは、芸術協会のHP情報しか見てないからだな。
それから、
「筆者が寄席にハマったきっかけも、ぴろきさんという漫談家さん」
マニアックな選択をしてくれたので、筆者は入門合格としよう。

先ず芸術協会から入って、そこから他を見ていくのもいいだろう。
なんせ、若手にビジュアル系が多いからね。
女子が増えたら、寄席の雰囲が気変わるだろうな。
会場の内装はピンクピンクした色になり、妊娠マークの席が出来たりする。

柳昇ギャルズみたいなのが、何組もできたりして。
出囃子に合わせて、デモをやったり。
そして「ジョーズのキャー」じゃなくて、「女子のキャー・キャー」が飛び出すんだ。


で、オヤジ達は言うんだ。
「昔は良かったなぁ」

|

« 前座楽屋入りの今 #rakugo | トップページ | 2012.04.15 アキバ本牧講談定席 #koudan »

コメント

こんばんは。遅レスで失礼します。
可憐な記事やないですか・・・「寄席には行くな。わしの薦める特定の落語家の会に行け」「寄席には特定の一門が出ないから駄目じゃ」なんて主張に比べたら、ずっと有益だと思います。
ところで、この記事を読んで真っ先に連想したのが、以前お江戸の定席にあった、じょしだいせーが作っているという触れ込みのフリーペーパー「らくご☆まがじん」だったのですが、あれはなくなったのでしょうか?
これまで鈴本を覗いた経験では女学生らしい人も見かけたので、「おお、お江戸では落語好きの女子が上方よりはいるのか」と思ったのですが。

投稿: 明彦 | 2012年4月19日 (木) 00時26分

明彦さんこんにちは。
「らくご☆まがじん」は、確か2009年に休刊になりました。
編集長が卒業して、後継者が居なかったのかもしれませんね。
ちょっと残念です。
女子は、時々見かけますね。
朝ドラ、漫画、映画等で少し浸透してきているのかもしれません。

投稿: ヒロクン | 2012年4月19日 (木) 08時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/54456018

この記事へのトラックバック一覧です: 女性にオススメの寄席入門 #rakugo:

« 前座楽屋入りの今 #rakugo | トップページ | 2012.04.15 アキバ本牧講談定席 #koudan »