« 2012.04.22 第37回 さいわい寄席 #rakugo | トップページ | 2012.04.26 弟9回三鷹講談会 #koudan »

2012年4月25日 (水)

神奈川の新しい寄席のはなし等 #rakugo

川崎市幸区の地方寄席を最近観てきましたが、知らないところで多くの地元の人達が落語を長きに渡って楽しんでいたのだなぁと、地方寄席を再認識したところです。
こんなニュース記事がありました。
以前このブログでも書きましたが、老舗地方寄席の終りを受けて始まることになった二つの寄席。
川崎ラゾーナと新百合での寄席が動き出しました。
6月から始まります。
↓「寄席の灯」受け継ぐ 毎月1回、麻生・幸区で「笑い」発信へ
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20120424/CK2012042402000084.html

私の場合は、以前ブログにも書きましたが、物理的に近い割に遠いという事なんですね。
ラゾーナ(JR)と新百合(バス又はバイク+駐車代)は移動時間はほぼ同じ。交通費も同じ。
にぎわい座は移動時間は前述の寄席とほぼ同じですが、交通費は高め。原因は市営地下鉄を使うからですかね(笑)
新宿末廣亭も移動時間は同じくらい。
通勤の帰りにちょっと寄って観る事を想定すると、通勤定期のおかげで交通費は160円(片道)で済む。
一番都合がいい。
神奈川都民の証だな。
でもせっかくの地元の寄席ですから、新百合は行ってみたいと思います。
が、神奈川出身あるいは在住の噺家さんであり、世話人の位置づけの左橋師匠、米多朗師匠、円丸師匠。
この師匠方は、実はあまり聴いていない(^_^;
ちょっと馴染みが薄いので、敷居がたかいんですね。
できればゲストはSP☆ちゃんとか、宮治さんとか、元気で明るい若手も呼んでいただけたらなと、思います。
SP☆ちゃんは結構相鉄線沿線で活躍されているので、横浜・川崎エリアは違和感無いと思います。
今度は圓丈師匠曰く「人の道」である小田急沿線でも活躍していいんじゃないかな。
そうして、新しい会場でご常連に加えて新たなお客さんも獲得して、長く続いてくれる地方寄席になってくれるといいと思います。

あぁもう一つ書きたいことがあった。
新宿末廣亭さん。
>通勤の帰りにちょっと寄って観ることを想定
これを実現させるには、もう一つハードルがある。
早ければ5月中席から予定しているという、夜席割引。
只今の時点でHPを見ても、それらしい情報は発信されていません。
こちらについても、動き出してほしいです。

|

« 2012.04.22 第37回 さいわい寄席 #rakugo | トップページ | 2012.04.26 弟9回三鷹講談会 #koudan »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/54557787

この記事へのトラックバック一覧です: 神奈川の新しい寄席のはなし等 #rakugo:

« 2012.04.22 第37回 さいわい寄席 #rakugo | トップページ | 2012.04.26 弟9回三鷹講談会 #koudan »