« 圓丈師匠の幻のCD 続報 | トップページ | ステキな金縛り »

2012年3月19日 (月)

末廣亭余一会 #rakugo

3月の末廣亭余一会は、3派連合落語サミット毎年楽しみにしていいる。
平日に当たるとこの日が休めなくなってしまい、ここ何年か行けてない状態。
今年は土曜日とあって、参加しようかなと思っている。
かわら版を見たら、この日の夜席もすごいことになっていた。
ニュース記事にもなりました。
↓談志偲び弟子結集 末広亭で31日、一門会
http://www.tokyo-np.co.jp/article/entertainment/tradition/CK2012031802000098.html

立川流の一門会が、末廣亭で開かれる。
日暮里でも、上野広小路でもなく、末廣亭である。
三派の一つとして上がるのとは、事情が違う。
昨年暮れに、席亭の爆弾発言があった寄席での一門会である。
立川流の定席復帰・参入の序章ではないかと勘繰りたくなる会だ。
家元亡き後の一門の体制も整いつつ有るようだ。
今年中に何か動きがあるのか、今後の展開が気になってきた。

|

« 圓丈師匠の幻のCD 続報 | トップページ | ステキな金縛り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/54257705

この記事へのトラックバック一覧です: 末廣亭余一会 #rakugo:

« 圓丈師匠の幻のCD 続報 | トップページ | ステキな金縛り »