« 映画館落語 かもめ亭 が始まるらしいですよ #rakugo | トップページ | そらまち亭という寄席 #rakugo »

2012年3月26日 (月)

2012.03.24 新宿末廣亭3月下席昼席 + #rakugo

週末になると雨になるこの頃。
この日もしっかり雨だった。
雨の末廣亭へやってきた。
うめ吉たんを芸協新二ツ目の尋目の高座を観に来たのだ。
新宿の下席の芝居では、昼夜公演でお二人が登場するので、纏めて観てしまおうという作戦だった。
他の出演者も好きな噺家さんが多く、楽しみにしていた。
定席は既に始まっていた。
お茶子さんに、最前列が空いていると教えてもらい座席確保。
どんな会だったのか・・・

■三笑亭月夢 落語 看板のピン
前座さんの高座は聴けなかった。
月夢さんの高座も、さげ寸前(>_<)

■やなぎ南玉 曲ごま
曲独楽というと、三増紋也一門のように、立ち高座で動的なものをよく見る。
南玉先生のように座って演じる高座は、新鮮だった。

■桂宮治 落語 弥次郎
新二ツ目登場。黒紋付き姿。
宮治さんはこの芝居から二ツ目。二ツ目4日目だ。
マクラからマシンガントークで会場を沸かす。
その勢いのまま根多に突入。
勢いが有り明るい高座なので、これからどんどん人気が出るだろう。
見た目も丸くて、親しみ易いし。
今気がついたが、二ツ目昇進の挨拶がなかったな(笑)

■三遊亭春馬 落語 猫の皿
宮治さんをいじって、根多にはいった。
猫の皿だけに、さらっと演ってお後と交代。

■新山ひでや・やすこ 漫才
辛いです。
何がというと、最前列で観る漫才。
立ち高座は首が・・・
漫才は、身の回りのホンワカ根多で
最高・最高!

■桂平治 落語 源平盛衰記~木曾義仲
源平盛衰記をちょこっとしゃべって、ふ~っと漫談に飛んで、また帰って来るお馴染みの演出。
主に池袋演芸場根多だった。
ダイナミックな芸で大爆笑。
襲名は今年の秋、半年後ですね。
芸協で今一番勢いがある師匠だ。

■瀧川鯉昇 落語 馬のす
動の平治の次は、静の鯉昇。
番組上は深い出番だったが、この日は順番に変更が有り、偶然このコントラストになった。
ぼそぼそっと演るマクラがメチャメチャ面白い。

■桧山うめ吉 俗曲
うめたんの登場。
「ひやまうめきち男性、50歳」の根多は最近はやらないんだな。
真面目なトークと唄、最後は踊り。
あの声での都々逸はいいな。

■三笑亭笑三 落語 交通安全
86歳。
まだまだ元気なパトカーのサイレンだった。

■三笑亭茶楽 落語 宮戸川
パトカーの音の次は、渋い師匠が上がりました。

■北見伸&ポロン 奇術
伸先生は寄席では数少ない話術無しで、手だけで魅せるマジシャン。
最前列で見ていても、リングマジックのタネが分らなかった。
カッケ~~。
それから、ただいまTVでも心霊マジックで人気上昇中のポロンちゃん。
不思議なおどり。
「たまちゃん降りておいでぇ」
「たまちゃんありがとね」
生で初めて観れた。
ポロンちゃんの高座の時は、師匠は後ろで控えてないで舞台から下がっていた。
完全にピンで任せているんだ。

■桂米丸 落語 宇宙戦争
御大の登場。
最近創った噺を演るというが、なかなか噺に入り辛いようす。
マクラがかなり長くなった。
結局最近のものは止めて、「宇宙戦争」だった。
原作は星新一のショートショート。
星氏の作品って、落語向きだな。

お仲入り
トイレ休憩で席をたったのでこの時初めて、二階席までびっしり入っているのに気がついた。

■三遊亭笑遊 落語 不精床
米丸師匠をいじるマクラから入った。
何故か。
米丸師匠は15分の持ち時間を25分演ったので、笑遊師匠の高座が削られた(実測値4分)から(笑)
ぼやきマクラで2分を費やして、「不精床」を2分で演っちゃったよ。
すっげー(笑)

■青年団 コント
銀行員と中小会社の社長のコント。
彼らも持ち時間が短くなった。
コントは落語のように上手く切れる芸ではないので、途中で終わってしまいちょっと残念。

■三遊亭遊吉 落語 芋俵
芋俵だけに、ほっこりと演った。
直ぐにほっこりと温かくなっちゃった(笑)

■桂歌春 落語 子ほめ
子を褒める前で切った。
こういう切り方もあるんだな。
色々な師匠の、落語を切る技が観れて、ラッキーな日だ。
切るのと延ばすのは、どちらが難しいのだろうか。
延ばすのも限度があるので、延ばす方が難しいかな。

■ボンボンブラザース 曲芸
紙を鼻に乗せる芸はもう演ってなかった。
そのかわりボールの替わりに、ペンライトっぽい物を、4つの駕籠に入れる芸になっていた。
バージョンアップかな。
ボンボンさんの高座で、無事予定時刻に戻った。
前座さん、出演者の皆さんそれから、きっかけを作って頂いた米丸師匠に拍手。パチパチ。

■三遊亭円遊 落語 三軒長屋
昼の主任は、円遊師匠。
マクラ無しで根多に入った。
何か違和感があったが、直ぐには気がつかなかった。
メガネをしていなかったのだ。落語の最中に気がついた。
トップギヤーのまま30分走って、終わった感じ。
途中休憩もほしかった(笑)

ちょっと休憩
首が疲れたぁ

■三笑亭夢七 落語 二人旅
はい、夜席開始。
前座は夢七君。大きな声で二人旅。

■春風亭昇吉 落語 不良達の悲劇
芸協ビジュアル軍団(ないけど)から昇吉君の登場。
マクラ無しで、落語に入る。新作だ。
高校の食堂で繰り広げられる不良と主人公の戦い。
主人公は、昼御飯が食べられるのか・・・・
世代の差かな、面白さがよくわからなかった。

■春風亭美由紀 俗曲
美由紀姉さんも唄と踊り。

■春雨や風子 落語 桃太郎
もう一人の二ツ目昇進披露の高座。
風子さんは黒紋付き姿で登場。羽織の下は黒の女性着物だ。
自分の子供のマクラからこの根多に入った。
ぜったいに、自分の子供相手に稽古したな(笑)
風子さんも上手い。
綺麗で華があるし、これから人気がでるだろう。

と、ここまで聴いて終了。
芸協にもいい若手が育っているようだ。
客席の後ろの壁に貼ってあった、三派連合落語サミットの出演者表を覗いて帰った。
主任は昇太師匠だ。
来週末もまた雨の予報。三派連合なのに、雨の中並ぶのはいやだな。
ま、それは置いといて、お疲れさまでした>自分

|

« 映画館落語 かもめ亭 が始まるらしいですよ #rakugo | トップページ | そらまち亭という寄席 #rakugo »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/54314928

この記事へのトラックバック一覧です: 2012.03.24 新宿末廣亭3月下席昼席 + #rakugo:

« 映画館落語 かもめ亭 が始まるらしいですよ #rakugo | トップページ | そらまち亭という寄席 #rakugo »