« アキバ本牧講談定席 #koudan | トップページ | 2012.03.03 圓丈ゲノム #rakugo »

2012年3月 5日 (月)

2012.03.02 第二回『鯉斗・ぴっかり二人会』 #rakugo

ミュージックテート・西新宿店で行っている「ぶら金寄席」へ行ってきた。
鯉斗・ぴっかり二人会だ。前回好評だったので、急遽開催が決まった番組だった。
到着したのは開場時刻から15分経過していたので、後方しか空いてないだろうと思っていたが、実際に空いていたのは逆に前の方の席だった。
ふと落語CD側の壁を見ると、この前ブログで紹介した志ん朝師匠の大須音源のCDセットのポスターが貼ってあった。
するとここぞとばかりに(笑)、開演前の時間を使ってこのCDの予約販売の説明があった。
この店でも注目していたんだな。期待大なCDセットのようだ。
因みにこのCDの発売は6月だそうだ。

落語会の方は、こんな感じではじまりますよ・・・

■鯉斗、ぴっかり お話し
前回といっしょ。最初はお二人によるトーク。
このトークで貴重なカミングアウトがあった。
先ず鯉斗君。暴走族同志は実は仲がいい。喧嘩はない。パトカーには200回乗った等。
そうなんだ、と興味深く拝聴。
それからぴっかりちゃん。
実は○○が大嫌いだった。
そうか前座の頃は耐えていたという事か。二ツ目のタイミングで出来て良かったのか。
これにはびっくりした。

■春風亭ぴっかり 落語 ピーチボーイ
高座の順番も前回と同じ。最初はぴっかりちゃん。鯉斗君が二席で、トリがぴっかりちゃん。
前席の根多は「ピーチボーイ」。「桃太郎」の改作だ。
久しぶりに聴いた。
ぴっかりちゃんの明るい雰囲気にある噺。

■瀧川鯉斗 落語 後生鰻
鯉斗君は後生鰻を持ってきた。
短くさくっと演った。
女房の方が強い時代になってどれくらいになるかわかりませんが、この根多を聴いてすっきりするのは男だからか。

お仲入り

■瀧川鯉斗 落語 幡随院長兵衛~芝居の喧嘩
休憩を挟んで鯉斗君。
後席は講釈風の根多だ。こういう根多も持っているのか。
講釈で、今だと琴調先生や愛山先生等で聴くと、迫力が全然違う根多。
講釈を聴く機会があれば体験してほしい根多だ。

■春風亭ぴっかり 落語 元禄女太陽伝
出張ぴっかりで初めて聴いた根多。
小朝師匠直伝の噺。
これも講釈根多、義士伝の外伝と言ってもいいくらいの噺だが、新作落語のカテゴリに入るもの。
主人公お熊の人物は、大分入ってきたようだ。

超満員、札止めまでは行かなかったが、雨の中なのに多くのお客が詰めかけた。
好評だった。
という評価なのか、第3回が決まったそうだ。
第3回目は6月。
木戸銭は4万2千円?志ん朝師匠のCDを買ってくれた人の特典で聴ける会・・・・
だったら考えちゃうかも。
でも絶妙なタイミングだな、3回目は(笑)

今ぴっかりちゃん、白酒師匠に「だくだく」を習っているそうだ。
これも楽しみのつもり。
近いうちに聴きたいつもり。

|

« アキバ本牧講談定席 #koudan | トップページ | 2012.03.03 圓丈ゲノム #rakugo »

コメント

>それからぴっかりちゃん。
>実は○○が大嫌いだった。
>そうか前座の頃は耐えていたという事か。

このカミングアウトを引き出した「張本人@ゴキブリ大苦手」です!
ぴっかり☆ちゃんはヒッチコック監督の1963年の某アメリカ映画見たら卒倒することがこれで判明しましたね(笑)

実は最近「ぴっかり☆質問コーナー」が頻繁にあるので、事前にネタを考え小出しすることにしています。お客さんも照れていてなのかなかなか質問しないようなのですが。これって意外に演者側では辛いようなんで。

今後の予定は

1 一門の十八番演目の蛙茶番に挑戦する気はあるか?(さすがにこれは止めておきましょう・・汗)
2 玉の輔師匠のマクラのネグセデスベンツはひょっとして前座時代のぽっぽちゃんのことだったの?
3 宮戸川に挑戦してほしい(お花ちゃんが見たいので)

今回の会は一之輔・菊六二人会や喬太郎・三三の会など若い客の集客力のある会と競合したんで正直あそこまで客が入るとは思いませんでした。鯉斗さんはひろ木さんと並ぶ小朝独演会の指定二ツ目なのでお互い気心が知れている感じで雰囲気のいい会です。

ピーチボーイは2月3日の会からオリジナルの「金蔵金蔵(カネクラキンゾウ)」から「今ピュータ君」が主役。これは口演時間も15分前後でできるので「こうもり」「動物園」と並んで寄席でも今後聴けそう。

「元禄女太陽伝」はずいぶんこなれてきましたね。個人的には聴くのは6回目なのですがお熊(小春)の演じ方に余裕が出てきました。
前座時代のぽっぽのぽで披露した他の演目も棚卸で聴いてみたいです。この前の渋谷の会の「反対俥」本当に良かったので

投稿: B_Blue_WTB14 | 2012年3月 5日 (月) 21時11分

B_Blue_WTB14さん、こんにちは。
そうですね、ヒッチコックのあの映画は観れないでしょうね。
出囃子「あの町この町」のかわりに使われる童謡も、ぴっかりちゃん的にはダメでしょうかね。
ピーチボーイは軽くていい感じなので、寄席でも何処でもできそうです。
今後は、初天神なんかいいんじゃないかなと思います。

投稿: ヒロクン | 2012年3月 6日 (火) 09時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/54146202

この記事へのトラックバック一覧です: 2012.03.02 第二回『鯉斗・ぴっかり二人会』 #rakugo:

« アキバ本牧講談定席 #koudan | トップページ | 2012.03.03 圓丈ゲノム #rakugo »