« ある噺家の二ツ目昇進 #rakugo | トップページ | アキバ本牧講談定席 #koudan »

2012年2月29日 (水)

幻のCDか #rakugo

志ん朝師匠の未公開音源がCDになるという記事がありました。
志ん朝「幻の落語会」CDで復活
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/120226/ent12022608160005-n1.htm
この「幻の落語会」というのは、大須演芸場での高座なんですよ。

大須での高座がどう勉強になったのか素人にはわかりませんが、59席あるんですから師匠には意味のある高座だったのでしょう。
今から十数年前ですが、圓丈師匠のドキュメンタリー落語「悲しみの大須」を聞いて大須演芸場の存在をしり、その後圓丈師匠のHPで、競売に掛けられて存亡が危ぶまれる事態に陥った事をしった時、これはもう体験しなければならないと、競売当日に休みを取って演芸場へ行きました。
それが大須初体験。
その大須演芸場と出演している芸人さん達の場末感が、なんともいい味をかもし出している。
東京では味わえない感覚を体感できるところだった。
録音していた席亭さん、グッジョブです。
志ん朝師匠の音源ということと、大須演芸場ということ。
「幻」の冠が付いても、やぶさかではないです。
発売は未だ先ですが、ゲットしたいCDです。

|

« ある噺家の二ツ目昇進 #rakugo | トップページ | アキバ本牧講談定席 #koudan »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/54105968

この記事へのトラックバック一覧です: 幻のCDか #rakugo:

« ある噺家の二ツ目昇進 #rakugo | トップページ | アキバ本牧講談定席 #koudan »