« 2012.01.08 お江戸広小路亭定席 #rakugo | トップページ | 2012.01.15 鈴本演芸場早朝寄席 #rakugo »

2012年1月18日 (水)

2012.01.09 神田すず勉強会 #koudan

すずちゃんの今年最初の勉強会へ行った。
1000円だから新しい連続ものが始まるらしいから。
場所は両国亭。
どんな会だったのかな・・・・

■一龍斎貞鏡 講談 長篠軍記~長篠籠城
前講は今年2月に二ツ目昇進が内定している貞鏡さん。
この読み物は、私の知らない物だった。
鳥居強右衛門の物語。
講談協会は多くの一門が有るので、根多の宝庫。
初めて聴く読み物に出会ってばかりなのだ。
この読み物は、講談本からピックアップしたとのこと。
そうやって、講談本から発掘すると、私の知らない読み物が増えるばかりじゃないか。
いいんだけれどね。
貞鏡さんの読み方は、師匠によく似ている。
子供の頃から聴いて育ったんだろうか。
時々、間なのか忘れたのかわからない事があるけど(笑)

■神田すず 講談 連続 モンテクリスト伯~序開き
すずちゃんの前高座は新しく始める連続物の、「モンテクリスト伯」だ。
ストーリーはみなさんご案内だと思うので、簡単に書く。
マルセイユに住む一等航海士のエドモンが、許嫁のメルセデスと婚約パーティーの最中、恋敵の仕組まれた罠で、警察に捕らわれの身となってしまうところまでを今回演った。
このあと長い牢獄生活の後、出世をしてモンテクリスト伯となる長いお話が待っている。
人間関係も許嫁が恋敵の男と結婚してしまい、ドロドロしてくる(はず)。
面白そうだな。
何故すずちゃんがこの物語を選んだのか、
それは
「幸せすぎて怖い」
という許嫁のメルセデスの台詞がある。
これを自分の口で、一度で良いから言ってみたかったからだとか。
初回でそれが叶ってしまい、これから先をどうすんだよ、ということだ(笑)

■一龍斎貞橘 講談 義士銘々伝~安兵衛駆けつけ
ゲストは先輩の貞橘さん。
黒紋付き、袴で登場。
大きいだけに、この姿は迫力がある。
両国で一度義士伝を演ってみたかったと、この根多。
両国の地で、吉良様は殺せない。
この根多は丁度いいんじゃないか。
両国で演る場合は、近くに講談も演る老舗の某鰻屋があるので、喧嘩の仲裁をして儲けた店は鰻屋としている。違う土地では、その土地に因んだ店に替えるのが、一龍斎のやり方だそうだ。
駆けつけの地、高田馬場。
これは「たかた」が正しいのか、「たかだ」なのか。
調べたが結論はわからないとのこと。

お仲入り

■神田すず 講談 吉岡憲法
剣客吉岡憲法のサクセスストーリー。
吉岡道場の唯一の弟子が近所の大きな道場で、してはならない他流試合をして大怪我を負ってしまう・・・
マクラで、この読み物と同じような場面に遭遇した事を思い出したので掛けたそうだ。
それって、口内炎を患った時の事かなひょっとして。

沢山のお客さんで賑わった会だった。
木戸では、「神田すず」と手書きネーム入りの醤油煎餅を頂いた。
いまの煎餅屋では、ネームを入れるサービスをあるそうだ。
幾らかわからないが。
モンテクリスト伯は、面白そうだ。
講談は3回までは上手く作ってある。
4回目以降も面白いか、だれ場が続くのか、それを確かめてみたい気もする。

|

« 2012.01.08 お江戸広小路亭定席 #rakugo | トップページ | 2012.01.15 鈴本演芸場早朝寄席 #rakugo »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/53763946

この記事へのトラックバック一覧です: 2012.01.09 神田すず勉強会 #koudan:

« 2012.01.08 お江戸広小路亭定席 #rakugo | トップページ | 2012.01.15 鈴本演芸場早朝寄席 #rakugo »