« 講談本牧亭 #koudan | トップページ | 2011.12.03 講談女伊達 #rakugo #koudan »

2011年12月 2日 (金)

高座に神を感じた日 #rakugo

東京に「家元の悲報」の激震が走った日から9日が経過した。
ブロガーはブロガーらしく、談志家元を観た高座で印象に残っている記事を中心に記して偲ぼうと思う。

一つは2002年05月04日 横浜にぎわい座での独演会「最後の立川談志五夜」
みなとみらいにあるシティーホテルのスィートルームを取って、他の仕事は一切無し。
夜の2時間だけたっぷりと、にぎわい座で落語を披露する5日間という企画だった。
日付からだと4日目だったのだろうか。
私のHPの記事では、談志家元が登場してから、マクラの最中のことをこう書いていた。
幕が上がると、前座さんでは無くいきなり談志師匠のめくりが見えた。舞台上手からバンダナを絞め、着物に袴姿の師匠がゆっくりと出てきて高座に上がった。
まくらでは昨日の反省、自分の落語について、過去の優れた芸人や感動した映画等をたっぷり30分程語る。肉声でも二階席まで鮮明に聞こえる。

前日の出来がよくなくて、大変に機嫌が悪いという情報が事前に流れていた。
「横浜の客、なめんなよ」的な感情もあったのかもしれない。
「俺が立川談志だ、文句あっか」的な、砲艦外交とも言える30分のマクラが印象的だった。
「にぎわい座の客は、歌丸でじゅうぶんだ。
 志ん朝の客は、志ん朝の落語じゃなきゃだめなんだ。
 俺の客は俺の落語じゃだめなんだ。談志でなきゃだめなんだ」
そんな言葉が記憶に残っている。
落語は、前高座が「堪忍袋」、後高座が「田能久」
やっと取れた2階席のチケット。
小さくゴルフボーツくらいに見えた家元だった。
しかしここまで聞こえて来る肉声。
会場を沈黙にさせる力。
そこには何か神の力のようなものを感じた。

それからもう一つは、2005年07月23日の浅草5656会館。
貞水先生、ブラック師匠の3名出演の「浅草名人会」での高座。
この日の談志家元の高座の最中に、東京に震度5の地震があった。
都内では3.11と同じ規模の震度だった。
この地震は記憶にある人も多いと思う。
その時の私のHPの記事はこんなだった。
■立川談志 落語 堪忍袋
少し痩せて、声もスカスカで体調は悪そうに見えた。
エンジンがかかり出すまでは淡々と、ぽつりぽつりと話し始めることがある。
今回もそんな感じではじまった。
しばらくして会場から「聞こえません」の声。
談「聞こえねぇ?」
客「聞こえません」
談「聞こえてるじゃねぇか」
談「聞こえなくても聞いてろ、誰の落語を聞いているんだ立川談志だぞ。」

無謀な一人のお客の一言で家元が切れるかと思いきや、切れずにエンジンがかかった。
この後ブラックジョークを幾つかやり、「出て行けこのやろう」の怒鳴り声で「堪忍袋」の始まりだ。
中盤に差し掛かった16時半頃、ぐらぐらどかんときました。震度5と言われている地震が会場を襲う。
談「俺は地震は怖くねぇんだ。
  昔そんな話をしたら、『ばかやろう、おめぇは関東大震災を知らねぇからそんなこと言うんだ』と言われまして、そりゃそうかもしれませんが・・・」
今日も幾つか談志語録を聞けた。
この後地震によるパニックは起こらず無事終了。

この地震の後よく落語に戻れたものだ。
お客の集中力を切らせなかったのはすごい。
やはり落語を聞きに来たわけではなく、談志を聞きに来たからか。
談志家元は60代。まだまだ体力気力が充実している頃。
60代は談志のピークの年代といっても良いのかもしれない。

こんなこともあった。
2005年03月31日 第14回三派連合落語サミット 飛び入り出演
新宿末廣亭余一会での出来事だ。
私のHP記事はこう書いてあった。
■立川談志 漫談
今度の演者の名札がかかる。「だんし?」「えっだんし」「だんしだって?」と会場から騒めく声が聞こえる。
ヒロクンも名札(メクリ)を見て目を疑った。
ジーンズに学生服、学帽姿の家元が登場する。珍客登場に場内大拍手。
家元は座布団にあぐらをかいて座る。「あたしはここ(末廣亭)で育ててもらったんだ」が最初の言葉。
桟敷席の先頭に座っていた家元より少し年上な感じの女性が、「あんた昔と全然変わってないわね」と家元に話しかける。
容姿の事を言っているのか、登場の振る舞い方について言ってるのだろうか。微妙な意味合いを感じる。
家元は10分位、落語の小話ではなくパーティージョーク(ブラックやピンク系)を披露した。
寄席での生談志は初めての体験だったので、今回はおいしい会となった。

落語協会に在籍中は、生の高座は見ていない。
ホール以外、定席の小屋で談志家元を観たのはこの時が初めてで、最後となってしまった。
こういった「中学生か」的なちゃめっけも家元の一面だったな。

談志家元は「談志」であり、噺家として括りきれない存在だった。
もう見ることはできないんだな。
合掌

今後のイベント等の予定
↓立川談志NHK追悼番組「100年インタビュー」「談志が死んだ」
http://www.j-cast.com/tv/2011/12/02114983.html

↓立川談志さんお別れの会、12月21日開催
http://www.sanspo.com/geino/news/111201/gnj1112010505012-n1.htm

|

« 講談本牧亭 #koudan | トップページ | 2011.12.03 講談女伊達 #rakugo #koudan »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/53386728

この記事へのトラックバック一覧です: 高座に神を感じた日 #rakugo:

« 講談本牧亭 #koudan | トップページ | 2011.12.03 講談女伊達 #rakugo #koudan »