« 2011.12.24 小 三太が街にやって来る in 今川焼 #rakugo | トップページ | レンジ君 »

2011年12月27日 (火)

エイベックスから噺家さんがCDデビュー #rakugo

立川こしらさんがエイベックスからCDを出します。落語のCDです。
エイベックスと言えば、JPOPのレーベルという認識です。
ちょっとびっくりしました。
↓エイベックスから立川こしらのCD
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/111225/ent11122510430002-n1.htm

このCDには、落語一席を3分にアレンジしたものを30席詰め込んである。
もっともCD1枚に90分は入らないので、3分未満の噺は幾つかあるだろう。
ターゲットは落語初心者としている。
TVの漫才、コントを好んで見る人が対象であれば、同じくらいの尺。
違和感がないかもしれない。
この3分落語が面白いのか、どうなのか。
ちょっと興味がある。

エイベックスから発売したというのも興味がある。
JPOPサウンドの購入となると、ダウンロード購入がお手軽で、1曲単位で買える事もあり、かなり広まっているようだ。
以前ニュース記事でSWAのCDをメジャーレベルから出す理由として、ポップスはダウンロードで購入が進んで、CDショップの売上が上がらない。
落語だったら尺が長いし、ターゲット年齢も高いのでダウンロードではなくてCDでの購入が期待できるという内容の記事があった。
そのCD発売イベントをタワーレコードで行った記事もあった。
エイベックスも同じような理由なのだろうか。
エイベックスからすれば、ショップで購入してもらわなくてもダウンロード販売でも収益は上がる。
今回のCD内容は3分落語なので、一席はポップスの尺とも変わりはないサイズ。
個別ダウンロード購入でも、利用者の違和感は無いだろう。
ビジネスになるのかにも、興味がある。

|

« 2011.12.24 小 三太が街にやって来る in 今川焼 #rakugo | トップページ | レンジ君 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/53583040

この記事へのトラックバック一覧です: エイベックスから噺家さんがCDデビュー #rakugo:

« 2011.12.24 小 三太が街にやって来る in 今川焼 #rakugo | トップページ | レンジ君 »