« エイベックスから噺家さんがCDデビュー #rakugo | トップページ | 明けまして、おめでとうございます »

2011年12月28日 (水)

レンジ君

暮れに入ってから自宅の電子レンジが、完全にお亡くなりになった。
寒い季節なので、電子レンジの無い生活は辛い。
お湯を沸かして熱燗つけたり、寝る前に一杯だけ温かいお茶を飲みたいというのができない。
やれば出来るが、実に面倒だ。
電気の力の大切さ、電子レンジの有難みがわかった。
ということで、先週末に新しい子が我が家にやってきた。

平日の夕方、仕事帰りにスポーツジムで運動しての帰宅から、食事を終えるまでがいつも時間との戦いになる。
最低でも寝る2時間前には食事を終えないと、私のメタボ対策という意味での食事効果は期待できない。
就寝時間から逆算すると、帰宅後30分が私に与えられたトレーニング日の夕食時間。
この時間内で作って食べなければならない。
タンパク質、野菜類、カロリー等考慮しているので、コンビニ弁当は採用できない。
出来合いのもの、事前に仕込んで冷蔵してあるものをそのまま食べてもいいが、冷たいものばかりは勘弁してほしい。
ましてや冷凍してあるものは、食べることができない。
ここで新しい我が家の電子レンジが活躍した。
解凍や温め直しが今までのレンジより上手だし、簡単だった。
新しいレンジを購入するに当たって、今の人気のレンジやその機能を調べて、値段と相談して購入した。
10数年前に購入したレンジも、買った当初は多機能のスグレモノだったが、今はもっと凄いことになっていた。
水を使って温めたり、焼いたりするのだ。
「何を今更」な事を書いていますが、知識では知っていたつもりだったが、体験してみてこうなるのかというのが分った。
といっても、レンジは家に着て数日。まだ「温め」と「蒸す」の一部機能しか使っていない。
水で焼くというイメージは、わかない。
どうなるのか、近いうちにシャケを焼いてみようと思っている。
ブロッコリーが、色も香りも良く蒸し上がったのには感動した。
今までの温め機能だけのレンジではできない仕上がりだった。
電子レンジは進化していた。

これでコップ一杯の、丁度良い温度の煎じ薬が簡単に飮める。

|

« エイベックスから噺家さんがCDデビュー #rakugo | トップページ | 明けまして、おめでとうございます »

コメント

>これでコップ一杯の、丁度良い温度の煎じ薬が簡単に飮める。

偉いですね。私なぞ常に「二番を煎じておけ」「三番を煎じておけ」と自分に命令しちゃいます(笑)

投稿: B_Blue_WTB14 | 2011年12月28日 (水) 23時09分

これでやっと、焼酎のお湯割りから開放されました(笑)

投稿: ヒロクン | 2011年12月29日 (木) 08時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/53588543

この記事へのトラックバック一覧です: レンジ君:

« エイベックスから噺家さんがCDデビュー #rakugo | トップページ | 明けまして、おめでとうございます »