« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月28日 (水)

レンジ君

暮れに入ってから自宅の電子レンジが、完全にお亡くなりになった。
寒い季節なので、電子レンジの無い生活は辛い。
お湯を沸かして熱燗つけたり、寝る前に一杯だけ温かいお茶を飲みたいというのができない。
やれば出来るが、実に面倒だ。
電気の力の大切さ、電子レンジの有難みがわかった。
ということで、先週末に新しい子が我が家にやってきた。

続きを読む "レンジ君"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月27日 (火)

エイベックスから噺家さんがCDデビュー #rakugo

立川こしらさんがエイベックスからCDを出します。落語のCDです。
エイベックスと言えば、JPOPのレーベルという認識です。
ちょっとびっくりしました。
↓エイベックスから立川こしらのCD
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/111225/ent11122510430002-n1.htm

続きを読む "エイベックスから噺家さんがCDデビュー #rakugo"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月26日 (月)

2011.12.24 小 三太が街にやって来る in 今川焼 #rakugo

ダジャレ企画に目がいってしまい、黒門亭に行ってきた。
一部は人気の噺家さんの出演があり、相当の混雑を覚悟しなければならないと思われたのでパスして、二部だけを鑑賞した。
一部の場合早いお客は、10時から並んだそうだ。
ご苦労さまです。
前座さんがサンタの帽子をかぶる訳でもなく、赤白の着物を着るでもなく、出囃子がクリスマスソングな訳でもなく、お客にケーキが振る舞われることもなく、普通に淡々と始まった。

続きを読む "2011.12.24 小 三太が街にやって来る in 今川焼 #rakugo"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月22日 (木)

ハラがコレなんで

という映画を観た。
映画に関する前知識を全く仕入れずに、映画館に入った。
妊婦が主人公というコメディ映画だ。
子供の頃引っ越した先の長屋で「粋」を刷り込まれた少女。
この少女が大人になって妊娠して、捨てられて金がなくなって・・・
といった現実に対して、「粋」に生きていくひたむきな姿を描いた、笑わないコメディー。
石井裕也監督作品は初めてだが、こういう感じの作品が多いのだろうか。

続きを読む "ハラがコレなんで"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月19日 (月)

ギンギラ★落語ボーイ #rakugo

読み終わりました。
白鳥師匠の著書です。小説です。
自宅の某個室専用置き本としていて、毎日数ページずつ読んでいました。
そんな関係で時間が掛かりました。

二ツ目男子君の、落語青春ドラマな内容。
文体はPCオンラインのエッセーより固い感じだけど、小説っぽい感じであんな文章が書けるのかと最初はびっくりした。
白鳥師匠の古典落語論が詰まっています。
落語のマクラでは、自分は古典は全然しらない、所作も勉強して来なかった等話してますが、プロになって20年以上のキャリアがある噺家です。
全く知らないわけは無い。
古典素人を演じていたのです。
という事が、この小説を読んでわかった。
ストーリー展開は起承転結のメリハリがあり、ドラマチック・ハードボイルドな演出もあり、読みごたえがありました。

最後にちょっとネタばれかもしれないので、気になる方は以降は読まないでください。

続きを読む "ギンギラ★落語ボーイ #rakugo"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月14日 (水)

2011.12.13 池袋演芸場 中席夜の部 #rakugo

池袋の12月中席へ行ってきた。
この芝居の企画は、芸術協会所属の女性講釈師が主任で「義士伝」を読むもの。
ここ何年かは、陽子先生、紅先生、紫先生の三方が交代で主任を務める形になっている。
私は紅先生の会へ行った。
仕事を終えて、池袋演芸場に着いたのは7時少し前。
夜席は、既に仲入りを迎えていた。
どんな会だったのか・・・

続きを読む "2011.12.13 池袋演芸場 中席夜の部 #rakugo"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月12日 (月)

2011.12.10 新宿末廣亭12月上席昼の部 #rakugo

末廣亭の上席、千穐楽に行ってきた。
菊之丞、琴調、川柳、しん平と好きな芸人さんが多く出ている。
それからぴっかりちゃんの尋目最終日でもあるから。
11時30分に末廣亭へ到着。
すでに長い行列ができていたが、既に開場していて木戸が始まっていた。
少しずつ中へと人が消えて行った。
1階席後方になんとか席を確保出来た。
前座さんの上がり時刻には、1階は8割くらいの席が埋まる状態だ。

続きを読む "2011.12.10 新宿末廣亭12月上席昼の部 #rakugo"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年12月 7日 (水)

2011.12.06 SWA Creative tour/First Last #rakugo

SWAのクリエイティブツアーの最終ツーアの、その最後の最後の会のチケットにやっと当選した。
SWAの会8年間で2勝5負、後は諦め。くらいの戦績だった。
しかし最後に当たって良かった。

開演1時間前の開場と普通より早めに開く。
全席指定なので、それ程急ぐことは無いので、普段のペースで30分前に会場の読売ホールに到着。
既に多くのファンでごった返すロビー。
これが最後とグッズを売りまくる販売店。
展示してあるSWAユニを写真に撮ったり、軽く食事をとる客達。
それぞれが、それぞれの形で開演を待つ。
それはいきなり始まった。
開演10分前の出来事だった。
赤ユニ背番号6番が突然舞台に現れたのだった・・・・・

続きを読む "2011.12.06 SWA Creative tour/First Last #rakugo"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 6日 (火)

2011.12.03 講談女伊達 #rakugo #koudan

女性講釈師5名のユニット「講談女伊達」の公演に行った。
今回がユニットでの本公演最終回。
会場の内幸町ホールは、大勢のファンで客席は埋まった。
今回はテーマは無くて、各自の持ちネタを披露する会だった。

続きを読む "2011.12.03 講談女伊達 #rakugo #koudan"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 2日 (金)

高座に神を感じた日 #rakugo

東京に「家元の悲報」の激震が走った日から9日が経過した。
ブロガーはブロガーらしく、談志家元を観た高座で印象に残っている記事を中心に記して偲ぼうと思う。

続きを読む "高座に神を感じた日 #rakugo"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »