« 2011.11.20 池袋演芸場11月中席昼の部 #rakugo | トップページ | 2011.11.22 第五回 三鷹講談会 #rakugo »

2011年11月22日 (火)

チケぴの陰謀 #rakugo

何時からシステムが替わったのか分らないが、チケぴのチケット予約が先着順から抽選になった。
秋に先行予約案内のメールが来て、ダメもとで申し込んでみっか。
と予約ページへ行って分ったわけです。
それで、今まで2回先行予約をして2勝という結果で現在に至ります。
いままでの完全敗北は一体なんだ。
何だったんだという気分。
何故もっと早くこういうシステムに替えてくれなかったんだという、恨めしい気持ちも少し沸いてきた。
この抽選システムもいい事ばかりじゃない。
余計な意味不明な金額を払わされていたんだ。ある会の内訳を示してみよう。

■料金明細
チケット料金: 全席指定  3,500円 × 1枚
システム利用料: 210円 × 1枚 計 210円
発券手数料: 105円 × 1枚 計 105円
特別販売利用料: 290円 × 1枚 計 290円
合計金額: 計 4,105円

3500円の前売りチケットを購入するのに要した金額は、4105円。
605円もの金額を余計に支払っている。
以前からチケぴで前売り券を買うより、当日券を買った方が安いというネジレ現象が出ていた。
それが更に顕著になった。
そもそも主催者からチケット販売代行をする際に、一枚あたり幾らというバックマージンが発生している。それがチケット代に反映されている。少なくともオフライン販売の時代は反映されていた。
今はバックマージンは止めたのか。
否、登録料+保証金の形で取っている。
更にシステム使用料を取っているにもかかわらず、システムを使用した代償で印刷されるはずのチケットにさえ、発券手数料という二重加算をしている。
JRの指定席予約購入でシステム使用料は取るか?チケット印刷代を取るか?
ATMで記帳や領収書印刷で手数料を取るか?
アマゾンがオンライン通販だからと、システム使用料をとるか?
チケぴは一般常識の料金範囲を外れている。
だから少しでも安い木戸銭で会を開きたい芸人さんは、チケぴを避けて電話やメールで個レベルで対応しているという現実がある。しかし個には限度があり、申込み多数となると対応困難な場合もある。
ある程度のキャパ以上の会になると、どうしてもオンライン販売を使わざるをえないのである。
更に何ですか、特別販売利用料というのは。
もう良い言い訳が見つからないので、意味不明な名称を付けて料金を上乗せしてきた。
チケぴはなんだかんだ理由をつけて、利益を水増ししようという魂胆が丸見えである。
せめてシステム使用料を105円づつ、チケぴと、コンビニでわければそれでいいのである。
いいはずである。
その内にCPU使用料、メモリー使用料、ネットワーク使用料等分けの分らないを要求して来るんじゃないか。後、電気代とかCO2排出料とかも・・・
いやなら使うなよという意見があるかと思います。
でもチケぴを利用しないと、オンラインでチケットが買えないという現実がある。
主催者側、利用者側の弱みにつけこんだ商売だ。
なので、今ままで独禁法に抵触していないのが不思議なくらい。
このような商売に、危惧せざるを得ないこの頃です。
他の人達は、この料金をどう思っているのだろうか。

文句を書いたら、多少すっきりしたけど。

|

« 2011.11.20 池袋演芸場11月中席昼の部 #rakugo | トップページ | 2011.11.22 第五回 三鷹講談会 #rakugo »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/53304897

この記事へのトラックバック一覧です: チケぴの陰謀 #rakugo:

« 2011.11.20 池袋演芸場11月中席昼の部 #rakugo | トップページ | 2011.11.22 第五回 三鷹講談会 #rakugo »