« 2011.11.06 鈴本演芸場11月上席夜の部 #rakugo | トップページ | 人生、ここにあり! »

2011年11月14日 (月)

2011.11.11 にぎわい座~三遊亭白鳥独演会 #rakugo

白鳥師匠の独演会へ行ってきた。
トリの高座は9月の池袋で拝見しましたが、独演会は久しぶりだ。
この日の午後だったか、にぎわい座にもこの日発売の著書を持っていくと呟いていたので、サイン入りなので、記念に購入した。
冒頭の6ページを読んだが、これは面白い。
会の方は根多出しされていまして、それは新怪談だそうだ。

■三遊亭白鳥/だるま食堂 対談
会の流れの説明ではなくて、対談だ。
主にだるま食堂さんの過去のエピソード紹介。
楽しい対談だった。
私の隣の席が、子連れ。母子だった。
娘が飽きてきたので、母親はにぎわい座名物「大量チラシ」から裏の空白なのを見繕って娘に与えて、絵を描かせ始めた。
以降娘はおとなしく、せっせと作品制作を続けていた。

■鈴々舎馬るこ 落語 新一目上がり
前座さんは無しで、馬るこさんがトップだった。
自分が落語家を選んだきっかけは、白鳥師匠の落語を観た(聴いた)からだという。
そういう縁があったのか。
三鷹市のゴミ問題のマクラは面白かった。
落語は、「一目上がり」を現代版にアレンジしたもの。
もののけ姫のDVDを見て、いいサン。(三鷹市問題はこれに掛かっていた)
相田 みつをの詩ときて、
「新幹線はやぶさはの写真は、いいシですね」には、
「あれはゴだ。イーゴだ」という。
ハヤブサは、E5系だった。
鉄分不足で、説明がないとわからなかったよ(笑)
原作よりわかり易い。
NHK新人演芸大将で演った根多より、この根多の方が面白かった。
固有名詞が登場するので、NHKでは無理だったのかな。

■三遊亭白鳥 落語 豊志賀ちゃん(上)
「豊志賀ちゃん」という一つの落語を前編・後編と分けてやる。
冒頭で、人間国宝の白鳥師匠が「野ざらし」をいじるが、これが重要な伏線になっている。
豊志賀と若者が恋仲になるが、後に三味線の生徒だった若い女性と三角関係になる流れは、原作を採用。時代は現代。

三角関係の人間関係図

         弟子
白鳥(人間国宝)-→久三------柳家豊志賀ちゃん
     (31才二ツ目落語家) | (自称45才三味線漫談)
                    |
                 春風亭さくら
               (22才後輩落語家)
                    ↑弟子
                 春風亭小朝

注)これはフィクションであり、登場人物、団体等全て架空のものです。

お仲入り

■だるま食堂 コント
ボインボインのいつもの出で立ちで登場。
ダジャレ歌シリーズ。
新根多も披露した。
最後はお客さん参加の、「ウー・サンバ」(´▽`)/
クイズのオチがこの言葉。
アクションは、「ジーク・ジオン」で、手がグーをイメージするとわかり易か。
げんき?「いいぞう いいぞう」のアクションは2回やっちゃうからだめ(笑)
「ウー」ときたら、「マンボ」じゃなくなくね?(笑)

■三遊亭白鳥 落語 豊志賀ちゃん(下)
後高座です。後半です。
客席の照明が落された。
白い着物に着替えた白鳥師匠が登場します。
怪談ぽくなってきました。
後半は浅草演芸場が舞台で、予想をくつがえすハッピー爆笑エンディングへと向かいます。
落語協会の暴露落語っぽい内容で、初心者よりは落語ファンの方がウケる内容だと思います。
「豊志賀ちゃん」は以前のものと、人物の名前を代えてバージョンアップしたようです。
この落語の発端は、三三師匠との二人会で、三三師匠からの宿題で「落語家ミミちゃんシリーズで、恋愛ものか怪談」を創るというのがあった。
今年7月の二人会で披露したのが、今回演じたものの初期バージョンで「珍景累ヶ真打」だったようです。(主人公が久三ではなくて、ミミちゃん)
前半に創作部分を付加した「唐茄子屋政談」といい、この落語といい白鳥師匠のバージョンアップぶりに驚いているこの頃です。
これもSWAの活動が影響しているのだろうか、しているだろうな。
そのSWAも今年で活動を停止してしまうので、最後の公演にはいきたいと思います。

|

« 2011.11.06 鈴本演芸場11月上席夜の部 #rakugo | トップページ | 人生、ここにあり! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/53244260

この記事へのトラックバック一覧です: 2011.11.11 にぎわい座~三遊亭白鳥独演会 #rakugo:

« 2011.11.06 鈴本演芸場11月上席夜の部 #rakugo | トップページ | 人生、ここにあり! »