« 落語協会復興支援寄席2011秋 のみどころ #rakugo | トップページ | 10月の余一会 #rakugo »

2011年10月21日 (金)

2011.10.20 市楽三席 #rakugo

市楽さんの勉強会へ行ってきた。
根多下ろしの会。今回は3席の内、2席が根多下ろし。
前座にぽっぽちゃんを起用していることも有り、今年から通った。
この会はぽっぽちゃんの勉強会の直前に行われることも有り、定席では稽古できない勉強会向けの根多が試せる会なのだ。前座の高座でも30分近くの時間を割いてくれるから。
それもこれも、同い年の市楽さんの優しさがあってのこと。
有り難いことです。

■柳亭市楽 落語 悋気の火の玉
この会のお約束になってしまったような、開始パターンです。
主役の市楽さんが開口一番。
根多下ろしの一つ、悋気の火の玉だ。
大根多という程の位置には無い話だけれど、持っていると役立ちそうな根多だ。
色っぽさもあるし、お化け根多でもあるし。
市楽さん、自分で高座返しをして下がった。
優しいね。

■春風亭ぽっぽ 落語 池田大助
自分の勉強会で根多出ししている噺だ。やはり根多下ろし、ベータテスト版だ。
内容は佐々木信濃守ではなく、大岡越前守バージョン。
以前演った「鼓ヶ滝」と似て、あまり笑いどころの無い噺だ。
少し早口だったが、無難に纏めた感じ。
実はこの日、重要発言があった。
ぽっぽちゃん、自分は「おばさん」だとカミングアウトした。
しかも嬉しそうに。
そういう事件がこの日にあった。
その事件の内容を聞いて納得した。

■柳亭市楽 落語 お見立て
三席根多下ろしが続くと、聴く方が辛いんじゃないかと、この高座は3席目に演る予定だった根多を演った。
この噺に登場する田舎者は、棒鱈に登場する田舎侍と似ているので、どっちの噺か導入部分では分りづらいんだ。
江戸前落語には江戸弁に対して、特定のお国の無い架空の標準田舎弁が使われるからなんだけど、このあたり何か特徴・個性を出せるといいんだが。
市楽さんが悪いわけではないが、古典の難しい所だ。

お仲入り

■春風亭ぽっぽ 曲芸
爆笑場面の少ない落語を演ったので、この高座で笑ってもらおうという企画か。
南京玉簾だ。
技術の弱い所は口で補う高座です。
最後は玉簾の残骸?を背負って下がりました。(笑)
やっと脱力できた。ふ~

■柳亭市楽 落語 厩火事
3席目は順番を入れ替えた、根多だしの高座。
内儀さんが主役で、ボケを演じる貴重な落語。
内儀さんのボケが冴えて来るともっと良くなるので、これからもっと育ててほしい。
噺の中で「麹町のサル」が出てくるが、私の頭の中ではいつも「圓歌師匠」が浮かんでしまう(笑)

市楽さんのこの会は、今年5回目の会。今年15席聴いた事になる。
ぽっぽちゃんに次いで多い回数だ。たぶん。
次回は12月だが、前座さんは誰を使うのか。
ひょっとしたら、市楽ぴっかり6席?、これは無いな。

|

« 落語協会復興支援寄席2011秋 のみどころ #rakugo | トップページ | 10月の余一会 #rakugo »

コメント

市楽さんは(変な意味でなく)独特の色気のある面白い存在だと思いますよ。また雲助師匠直伝禁断の「粟餅」やってくれないかな。

と今日は第二のぽっぽのぽ予行演習会(?)の時蔵師匠の会に行ってきました。
演目は「がまの油」。私はいつも「ぽっぽのぽ」と定席以外は後ろの方でコソーリ見ることにしているのですが、今日は偶然出くわした某秘密倶楽部のドンに引きずられ最前列の真正面の高座から至近距離で聴いていました。そのおかげで刀(扇子)を腕にあてたとき本当に赤い跡がついたのが見えてしまいすごいリアル。
思ったより意外だったのが酔っ払いを上手く演じていたこと。二つ目になったら替り目、親子酒、試し酒あたりにも挑戦してほしい。

>技術の弱い所は口で補う高座です。
>最後は玉簾の残骸?を背負って下がりました。(笑)

 これなんですが小朝独演会でも定番です。シナリオどおりなのかも

投稿: B_Blue_WTB14 | 2011年10月21日 (金) 23時18分

B_Blueさんおはようございます。
そうですか、がまの油みたかったです。

>これなんですが小朝独演会でも定番です。シナリオどおりなのかも
あっ! そういう芸なんですね(笑)
納得しました。

投稿: ヒロクン | 2011年10月23日 (日) 08時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/53047939

この記事へのトラックバック一覧です: 2011.10.20 市楽三席 #rakugo:

« 落語協会復興支援寄席2011秋 のみどころ #rakugo | トップページ | 10月の余一会 #rakugo »