« 2011.09.12 本牧亭おなごり演芸会 #rakugo | トップページ | 2011.09.17 本牧亭土曜講談会 #rakugo »

2011年9月16日 (金)

落語協会が少し動いた

来年の真打ち昇進のニュースが昨日流れました。
私は夕方からはTVもネットも殆どアクセスしてなかったので、今日の夕方このニュースをしりました。
↓落語協会オフィシャルHP 新真打昇進決定
http://www.rakugo-kyokai.or.jp/Topics/Details/142be578-e5db-42de-b940-c404067ac58e

3人さん、おめでとうございます。
パチパチパチ
昇進貯金は進めていましたか(笑)

来年の昇進は席亭からの抜擢なんでしょうかね。
10人真打ちが出た年もあれば、一人も出ない年もあり、来年は3人。
今回に限りませんが、昇進の理由は公式には説明されませんね。
香盤では上の方の人やその師匠、そのお客さん等は、悔しい思いをしているかもしれません。
要は、会長、席亭を納得させる実力、人気を付けろという事なんでしょう。
諦めなければ、夢が叶うというのは、昨年のハヤブサプロジェクト、今年の京プロジェクト、なでしこジャパンと例がこんなにあります。
今年の昇進人事をバネにして、奮起してほしいです。

話は替わって、
9月は暑さのため中止になっていた復興支援寄席は、11月に再開が決まったと小袁治師匠がつぶやいておられました。
これも楽しみな会なので、再開が決まってほっとした。

|

« 2011.09.12 本牧亭おなごり演芸会 #rakugo | トップページ | 2011.09.17 本牧亭土曜講談会 #rakugo »

コメント

あっ大事な事例を忘れていました。
最も身近なドリカム事例。

正夢だった、「キウイ師匠誕生!」
これも今年の事。

みんながんばって!

投稿: ヒロクン | 2011年9月16日 (金) 22時50分

こんばんは。御無沙汰しています。
これで一之輔さんは「真打より面白い」「なぜか真打でない」と言われなくなってしまう訳ですね。
先日繁昌亭で初めて聴きました。なるほどうまいと思いながら、なぜか聴きながらこちらの性格が悪くなっていくような気がしたのですが。

今回の3人のうち2人は、20人以上抜きだそうですね・・・お江戸とも関わりの深い桂九雀師匠(正攻法でしかもパワフルな達人です)はメルマガで、「抜かれた人達の痛みに心がいく」と書いてはりました。

ところで、この場をお借りしての宣伝なのですが・・・。
もしも24日の土曜の晩が空いていたら、JR亀戸駅前のカメリアプラザに足を運んで頂けると有難いです。
19時から松鶴直系の笑福亭生喬師匠が、『らくだ』(勿論サゲまで)を演じます。
現在笑福亭一門で演じられる『らくだ』は、鶴瓶師匠以外は一通り生で拝見したのですが、この生喬師匠が一番若く、そして一番骨太な迫力があると思います。
03-5626-2125に予約して頂いたら、1400円になります。一度本家の流れを汲む『らくだ』を是非。

投稿: 明彦 | 2011年9月19日 (月) 01時23分

明彦さんこんにちは。
情報ありがとうございます。
本場の「らくだ」が木戸銭1400円で聴けるのは垂涎ものです。
ですが、24日は黒門町本牧亭の閉場の日。
最後の高座を聴きに行くので、残念ですが行けません。
またの機会を待ちます。

投稿: ヒロクン | 2011年9月19日 (月) 17時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/52747530

この記事へのトラックバック一覧です: 落語協会が少し動いた:

« 2011.09.12 本牧亭おなごり演芸会 #rakugo | トップページ | 2011.09.17 本牧亭土曜講談会 #rakugo »