« ブログアクセスに、ちょっとした変化が #rakugo | トップページ | 2011.08.27 カフェで楽しむ講談~若手講談会vol11 #rakugo »

2011年8月27日 (土)

2011.08.25 第4回ぽっぽのぽ

春風亭ぽっぽちゃんの勉強会へ行ってきました。
開場10分過ぎに会場へ到着した。
客席の前の方は既に多くの客で埋まっていた。
回を追う事にお客さんが増えている感じだ。
どんな会だったのか

■春風亭ぽっぽ 落語 松山鏡
前座の上がりに乗ってぽっぽちゃんが登場した。
茶系の着物に黒の帯という、渋めの男っぽい感じの衣装だ。
マクラは二ツ目で改名する名前「ぴっかり」の紹介。
根多はお馴染みのもの。
最初は短めの根多を持ってきた。
田舎言葉もそれなりにこなしていた。

■林家木りん 漫談 相撲界の裏話
今回も前座の木りん君が来てくれた。
高座は今回も相撲界の漫談。
ぽっぽちゃんとのでこぼこコンビは、今後も続くのかな。
今回のような漫談の仕事は他でもあるかもしれない。
この漫談は他の人では知り得ない、木りん君しかできない内容なので、きちんと台本を書いて上手に話せるように稽古することをお薦めします。
あ~首が疲れた。

■春風亭ぽっぽ 落語 反対俥
マクラは怖い話。
内容は本の「死ぬかと思もった」系赤っ恥のショートショート。
これ引き出しに入れておくと色々使えそうだ。
根多出しされていた反対俥だけど、全くイメージがわかないままこの日を迎えた。
男っぽい噺であり、スピードと下半身の力が要求されるから。
どうなるのかと興味があった。
結果は、私の期待を裏切った。
すごく良かったということ。
形は私の記憶では、彦いち師匠の演った形だったと思う。
町人の使う江戸弁が、それらしくなってきた。
4月の会で演っていい出来だった「片棒」。
その中の銀次郎が上手くやれたことで、噺の幅が広がったのかな。
この落語の車夫も、それから次に演る「お菊の皿」の町人もいい味が出てくるんだ。
もう一つ良かったのは動き、スピード感。
これで空中浮遊(笑)を空手家でもある、彦いち師匠に鍛えてもらえば、他の男演者にも引けはとらない。
これはもう明日から、鉄下駄履いて、うさぎ飛びですな。
私の後方の席で聴いていた子供のお客さんもウケて、大いに笑って頂けたようだ。
たぶん若いうちしかこの形はできないので(笑)、二ツ目の内に何回か味わっておきたい作品だ。

お仲入り

■林家ひろ木 落語 鯛<作・桂三枝>
生け簀の中の鯛同志の会話を落語にした、三枝作品。
三枝師匠の新作落語は、東西を問わず本当に多くの噺家さんが演じている。
内容がマニヤックではなく一般ウケするものなので、やる方も聴く方も安心できる。
ひろ木さんの演じる鯛が弱々しくて、これがまたいいんだ(笑)
そのひろ木さんは、次回の前座最後のぽっぽのぽまで、付き添いをしてくださるそうだ。
二ツ目になったら、前座の木りん君とのコンビでこの勉強会を演ることになるのかな。

■春風亭ぽっぽ 落語 お菊の皿
前にも書いたが、町人の男衆がよかった。
お菊のキャラは、きょんきょんの強烈なのを観ているので、比べてしまうと未だ未だの域だが、逆に言うとその域まで達する可能性があるということなので、今後を楽しみにしたい。
きっと二ツ目ではじけると思う。

4回目ということで、全体的に結構余裕の見えた高座だった。
三味線が無かったからか(笑)
3回目の会の前に話した時は、かなりテンパっていた印象だった。
今は名前も決まり、身の回りに余裕がでてきたのだろうか。
今までの高座で良いと書いていた高座内容では、前座だからということで下駄を履かせて書いた部分もあるが、今回は下駄は無し。
限りなく二ツ目に近い高座だった。
次回は10月26日(水)東京育成園 1830開演。

|

« ブログアクセスに、ちょっとした変化が #rakugo | トップページ | 2011.08.27 カフェで楽しむ講談~若手講談会vol11 #rakugo »

コメント

いつもながらの鋭いぽっぽ分析でさすがです(笑)。最後で指摘されているように勉強会の内容及び振る舞いも完全に二つ目になってきましたね。やっぱり場数を踏むのが一番の勉強。同じ前座で月1回勉強会を開催している朝呂久さんも回を重ねるごとに硬さが無くなってきています。あの朝左久さんもそうでした。


>■春風亭ぽっぽ 落語 松山鏡
こういう言い方はぽっぽちゃんに叱られてしまうかもしれんませんが、訛りを含む素朴な百姓夫婦の演出が意外でした。この演目は女性向きなのでしょうか?。ここ最近では菊千代師匠、つくしさん、こみちさん、ぼたんさんあたりしか聴いていない気がします。


>■春風亭ぽっぽ 落語 反対俥
これは本当にすごかったですね。どうしても高座を見るのは寄席の開口一番という限られた時間のせいか彼女が汗をかく姿は見たことが無いのですが、館内の節電対策も相まって本当に大汗の熱演でした。 あのスピード感も小柄な体が逆にプラスしている気がします。これを見て是非ぽっぽちゃんに演じてもらいたいのが「蚤のかっぽれ」。
正座のままでジャンプする数だけなら反対俥の上を行きます。同じ女流の柳亭こみちさんがやはり小柄な体を高座で弾かせていますが、ぽっぽちゃんにも絶対お勧め。ちなみに扇子で魚や水草を演出するのは彦いち師匠の形なんでしょうか?


>■春風亭ぽっぽ 落語 お菊の皿
個人的見方なんですが、この演目はぽっぽちゃんの鉄板になる可能性があると思います。小悪魔的で艶めかしいお菊ちゃんを追及すれば絶対に。はじめて彼女見たとき絶対演じてもらいたいネタと感じた贔屓目もあるかもしれませんが。


> 次回は10月26日(水)東京育成園 1830開演。
 始まって以来仕事上の都合を除き100%出席の真一文字の会と完全バッティング。でも私は今回は当然「ぽっぽのぽ」に行きます。他の会を優先して真一文字行かないのは初めての経験になります。一之輔さん御免なさい(笑)

PS:ブログで夏休み宣言をしている小朝師匠がこっそり来ていました。やっぱ愛弟子が心配なんでしょうね

投稿: B_Blue_WTB14 | 2011年8月27日 (土) 11時25分

B_Blueさんこんばんは。
そして、お疲れさまでした。

小朝師匠、いらしてたんですか。
>最後で指摘されているように勉強会の内容及び振る舞いも完全に二つ目になってきましたね
私としては、スリルとサスペンスも期待したいという気持ちもあります(笑)

>ちなみに扇子で魚や水草を演出するのは彦いち師匠の形なんでしょうか?
そうですね演ってました。
林家に伝わる形なのかはわかりません。
円蔵師匠の形や、家元の二ツ目の頃の高座(柳家の形)映像も観ましたが、違いますね。
跳ねませんから。
たぶん比較的新しい形。
ひょっとしたら彦いち師匠に稽古してもらったかもしれませんよ。

投稿: ヒロクン | 2011年8月27日 (土) 22時01分

一つ書き忘れたのですが、マクラで触れていたツイッターぽっぽちゃんも始めてほしい気も。同時昇進組のやえ馬さんとはな平さんはアカウント持っているんで(笑)

投稿: B_Blue_WTB14 | 2011年8月28日 (日) 07時41分

本日、池袋の余一会、喬太郎の会へ行ってきました。
開口一番がぽっぽちゃんだったので得をした気分でした。
演目は先日のぽっぽのぽでも演じた松山鏡でした。
途中絶句してしまい、喬太郎師匠に初々しいと言われてしまいました。
絶句以外は笑いもそれなりにとれていましたしまあまあの出来だったと思います。
先日のぽっぽのぽは全体的に出来がよかったので今日の絶句は返す返すも残念でした。

投稿: 通りすがりの人 | 2011年8月31日 (水) 17時51分

通りすがりの人さん、こんにちは。
ぽっぽのぽにもいらしたんですねぇ。
きょんきょんとぽっぽちゃんが観られたというのは、私からすれば「神の組み合わせ」な会ですよ。
ぽっぽちゃん、自分の勉強会には全力投球。その結果緊張感が切れたのでしょうか。
高座に波があるのは、若手ですからねぇ。ということで次の高座に期待したいです。
でも絶句の場面を見れたというのは、貴重な事かもしれませんよ。
私もスリルとサスペンスを味わいたかった。
そういう意味では、残念だったというべきか、良かったというべきか・・・

投稿: ヒロクン | 2011年9月 1日 (木) 08時40分

通りすがりの人さん はじめまして。

ツイッター上でぽっぽちゃん絶句の件が流れていてびっくりしました。

ただ夜らくごカフェで開催された「市楽三席」ではしっかりと松山鏡をリベンジ。
前座さんは皆同じ境遇でぽっぽちゃんだけというわけではないのですが、稽古時間が十分に取れない分は差し引いてあげたいです。前座噺以外のネタをかける機会ってなかなか無いんで(笑)

投稿: B_Blue_WTB14 | 2011年9月 1日 (木) 21時21分

B_Blueさん、情報ありがとうございました。

投稿: ヒロクン | 2011年9月 1日 (木) 21時39分

B_Blueさん、おはようございます。

喬太郎の会はアウェイだったのであがっちゃったのかもしれませんね。(女性のお客さんも結構多かったですし。)
ぽっぽのぽは本当によかったと思いました。

投稿: 通りすがりの人 | 2011年9月 3日 (土) 07時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/52576782

この記事へのトラックバック一覧です: 2011.08.25 第4回ぽっぽのぽ:

« ブログアクセスに、ちょっとした変化が #rakugo | トップページ | 2011.08.27 カフェで楽しむ講談~若手講談会vol11 #rakugo »