« 2011.08.07 圓朝まつり2011 #rakugo | トップページ | 2011.08.07 圓朝まつり2011 その3 »

2011年8月11日 (木)

2011.08.07 圓朝まつり2011 その2

続きです。
前回は全生庵の坂上の様子を中心にレポートしました。
今回は板割りのコーナーから坂を下って、本部のある坂下の所からレポートを再開します。

福扇で取り込み中の本部の様子です。
P1020368
実は私は、今年は買う予定にしてなかったので、福扇には並ばなかったのです。
この写真とは別に、12時近くに本部の前を通ったら、「福扇未だありますよ」というアナウンスを小袁治師匠がしていたので、未だ有るなら買おうってんで、全く並ばずにゲットしました。
福引はピンク玉。サイン色紙でした。
次の絵は向いのガイドブック売り場です。
P1020329
こっそりと正朝の普段着の顔を盗撮しようとしたら、気づかれてしまい、師匠の営業スマイルです。
残念。この気持ち正朝師匠なら分かるでしょう(笑)
屋台前で呼び込みしていた風車さん
P1020379
それからちよりんさんの笑顔です。
P1020359
今年もサインで人気だった喬太郎師匠。このあとサイン行列の長かった師匠が続きます。
P1020358
三三師匠。
P1020378
白酒師匠。
P1020383
この他には昨日紹介した彦いち師匠、それから正楽師匠も行列でした。
屋台のある師匠は屋台でそれぞれサインされているのでみなさん忙しかったようです。
ほんと暑い中でいやな顔もせずに、みなさんご苦労さまでした。
法要が終わったようです。
全生庵の本堂から僧侶、幹部を先頭に、噺家さんが降りてきました。
この場面が唯一の全生庵の引きの写真だと思います。
最後の年だからお墓とかもっと撮っておけば良かったと今になって後悔している。
扇のお焚き上げから開会の挨拶と続きます。
P1020362
暑いので木陰へ移動しました。
実行委員長である市馬師匠の挨拶です。
黒紋付きが暑そうですが、涼しそうな顔に写っています。
「とにかく熱中症には気を付けて楽しみましょう」的な内容でした。
P1020369s
来賓の挨拶は今年も、落語芸術協会会長の歌丸師匠の挨拶でした。
噺家生活60年を迎えたが、60年後には笑点メンバーの墓参りをしたいといった内容のお言葉。
開会の儀式も終わり、一機に盛り上がります。
P1020371s
時刻は10:00を回った。
私は飲食タイムに突入。
焼きとり焼きそばの店に行った。
P1020336
焼きそばは、漫才教団が助っ人に来ていた。
売り子は今年もチックタックブーンなおみさん。
声がヘリウム声。セシウムじゃないですよ。
東洋館で聞いてみてください。
P1020344
店の大将は、うたじ先生だった。
早速聞いてみた。
P1020361
ヒ「この焼きそばの箸は、何っていう形ですか」
う「これは竹の箸。あの根多の5種類には入ってないの」
ヒ「あそうですか。ではこの焼きそばはヨウショクですかねぇ」
う「ん~~~難しい質問だねぇ」
だそうです(笑)
生ビールの店、半分アワの金也師匠。真剣に作っています。
P1020334
焼鳥と、この生ビールを休憩所で頂いた。
P1020337
ビールは席に着くまでに既に2/3は飲み干していたの図
P1020338
「カレーライスはしゃじで喰う」の売り子、こみっちゃんの笑顔。
私のカレーを持って頂きました。
P1020342
そのカレーはこんな感じ。
チキンカレーで、たいへんにスパイシー。旨いです。
P1020343
カレーときたら次は、林家の牛丼。
この店は11時開店で、5分前から並んでいたんですが、開店が10分ほど遅れました。
後ろに並んでいた人が「どうしたんですかね」と聞いてきた。
私に聞かれても分からないので、「牛肉の放射能除去してるんじゃないですか」と言っておいたよ。
後ろの人笑ってくれた。
正雀師匠自ら仕切ってます
炎天下にずっと並んでいたら、クラクラしてきた。
未だ時間が掛かったら、倒れていたかもしれない。コワイコワイ
これが林家の牛めし
P1020380
オイキムチが入って、甘辛濃いめな味。汁は少なめ、ご飯多めな感じでした。
ご飯が多くて半分残そうか迷ったが、このご時世だしがんばって喰った。
P1020376

おなかがいっぱいなので、ここで一休み。
次回へ続きます。

|

« 2011.08.07 圓朝まつり2011 #rakugo | トップページ | 2011.08.07 圓朝まつり2011 その3 »

コメント

白酒師匠は当初文左衛門師匠の屋台手伝っていたのですが、
サイン求めるファンが多くなって本部近くに異動したみたいですね。

ただその後に同じく店手伝っていた一之輔さんのサイン求める列が入れ替わってましたが。

喬太郎師匠はマメですね。毎年大量のサインに応じる姿勢もなのですが、開演前の行列に顔を出すサービス精神に感動します(笑)

投稿: B_Blue_WTB14 | 2011年8月11日 (木) 22時24分

暑い中、早くから並んだお客もエライが、芸人さん達ほんとうによくがんばった。
圓朝まつりの関係で、寄席を休む事は許されなかったと聞いている。
準備、仕込み、後片付けも手間がかかったはず。
本当に、「ありがとう」という言葉をおくりたいです。

投稿: ヒロクン | 2011年8月14日 (日) 10時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/52442660

この記事へのトラックバック一覧です: 2011.08.07 圓朝まつり2011 その2:

« 2011.08.07 圓朝まつり2011 #rakugo | トップページ | 2011.08.07 圓朝まつり2011 その3 »