« 2011.07.30 伝説の 復興支援寄席~池袋演芸場 #rakugo | トップページ | 円朝まつり2011のご案内 #rakugo »

2011年8月 2日 (火)

100000年後の安全

というドキュメンタリー映画を観た。
原子力発電で排出され続ける、高レベル放射性廃棄物の最終処分場所を世界で初めて、フィンランドに作られている。
その建設現場や建設を進める人達を追ったドキュメント映画だ。
詳細はこちら
オフィシャルHP
http://www.uplink.co.jp/100000/

最終処分方法(解決策)は、500メートルの地下に廃棄物を一定量埋蔵し終わると、施設を封印してそのまま十万年の時間そのまま眠らせておく事。
映画のタイトルにもなっている「十万年」という時間は、高レベル放射性廃棄物が人間に無害になるのに要する時間だそうだ。
現在の科学力では無害なものにすることは不可なので、時間に任せる策を講じるしかない。
しかし10万年という途方もない時間、安全に眠らせる事ができるのか。
そこをどう考えてこの施設を作ったのか、関係者のインタビューが続々と映し出された。
考え方はわかった。
しかし福島原発事故のように、設計で考慮されていない天変地異等のあらゆる事象に対して、絶対大丈夫かという疑問は残る。
なにしろ十万年の間、安定した眠りを保証するのだ。
どんな対策をとったかは書き切れないので、興味のある人は映画を観てほしい。

高レベル放射性廃棄物は溜まる一方で、分解や中和といった如何なる方法でも、無害なものに出来ないという知識も今までなかった。
フィンランドは世界に先駆けて始めた。
日本はどうなのかという事だ。
日本はフィンランドの10倍以上の原子力発電所を使用している。
という事は、フィンランドの10倍の廃棄物があるという事だ。
今、原発を廃止してもだ。
最終処分方法は、原発推進派も反対派も関係なく本気で考えないとだめだ。
フィンランドであの規模の埋蔵場所を確保した。
日本は何処にどれだけの場所が確保できるのだろうか。
金に物をいわせて、チベットとか大陸の中央当たりに、埋めさせてもらうのだろうか。
色々と考えさせられた映画だった。
世界では現在、20~30万トンの高レベル放射性廃棄物があるという。

|

« 2011.07.30 伝説の 復興支援寄席~池袋演芸場 #rakugo | トップページ | 円朝まつり2011のご案内 #rakugo »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/52370558

この記事へのトラックバック一覧です: 100000年後の安全:

« 2011.07.30 伝説の 復興支援寄席~池袋演芸場 #rakugo | トップページ | 円朝まつり2011のご案内 #rakugo »