« 2011.07.23 本牧亭土曜講談会 | トップページ | 改名騒動の結末 #RAKUGO »

2011年7月26日 (火)

2011.07.24 復興支援寄席 漫才ざんまい

またまた1000円の魅力に惹かれて(笑)、復興支援寄席に行ってきた。
場所は浅草演芸ホール。
ここは家から一番遠い寄席なので、9時半はじまりだと休日なのに早起きをしなければならない。
前夜が遅いと辛い。
さて、この日の企画は、「漫才ざんまい」
漫才中心の高座だ。

■柳亭市馬 MC
市馬師匠が浴衣姿で登場した。
挨拶の後、今回の高座流れ等の説明をして頂いた。

■ホンキートンク 漫才
若手の登場。
朝9時半上がりの仕事は、そうないようで「ほんと早い」、「声がでない」と言っていた。
この漫才のボケが結構好きなので、もっと人気が上がってほしい。

■三遊亭吉窓 落語 半分垢
市馬師匠に「落語は一人だけれど、明るい高座はまちがいありませんよ」と紹介されていた吉窓師匠の上がりだ。
明るい高座だ(笑)
根多は、寄席ではあまりお目にかからないものだったので、得した気分。
「半分アワ」は毎年円朝まつりでお世話になっている。
この生ビールが旨いんだ。
あっこれ、この落語をもじっていたのか。
落語の後は、「かんちろりん」をフルコーラス踊って頂いた。

■大瀬ゆめじ・うたじ 漫才
ゆめじ先生、杖なしで登場。パチパチ。
病院生活やリハビリ期間中の様子を紹介。
その後、いつもの鉄板根多で、割り箸。
御馳走さまでした。

■三遊亭小円歌 俗曲
小円歌姉さんの登場。
この師匠は、髪が長い方がいい。
最近のよく聴く根多で、出囃子で使われている曲を幾つか聴いた。
野崎、一丁入り等。
一丁入りはこういう時でないと聴けない。
得意の両国風景で締めた。

■昭和のいる・こいる 漫才
トリはこの方々。
この先生方は衣装がお洒落。
いつもアイビーぽいスーツもので統一している。
衣装を見るのも毎回楽しみ。
御馳走さまでした。

今回も楽しませていただきました。
次回は池袋で、小三治、扇橋二人会。
これは気を入れて早めにいかないと危ないな。
それから扇橋師匠ですが、お怪我をされた様子なので、高座があるのか、怪我の具合はどうなのか心配です。

|

« 2011.07.23 本牧亭土曜講談会 | トップページ | 改名騒動の結末 #RAKUGO »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/52315787

この記事へのトラックバック一覧です: 2011.07.24 復興支援寄席 漫才ざんまい:

« 2011.07.23 本牧亭土曜講談会 | トップページ | 改名騒動の結末 #RAKUGO »