« 2011.07.09 復興支援寄席 鈴本 | トップページ | ぶんじ?・ぶんし? »

2011年7月12日 (火)

2011.07.10 本牧亭講談昼席

暑くて、暑くてたまらない日曜日。
しかし家でエアコンを使いたくないので、本牧亭に涼みに行ってきた。
黒門亭でもいいのだけれど、昨日落語を聴いたので講談を聴きたくなった。

■神田真紅 講談 巴御前
開演時間前に到着できたので前座さん全てを聴く事ができた。
真紅さんは久しぶりに聴いたが、声が出来ていた。
男もけっこうイケそうな太い声だった。楽しみだ。
真紅さんはメガネを掛けたまま読むのだけれど、このメガネ顔がアンジェラ・アキにちょっと似ているんだ。
髪もパーマだし。

■神田あっぷる 講談 わんぱく竹千代
マクラがあった。練習を始めたようだ。
前座4年目に入るあっぷるちゃんだ。
恐らく来年は二ツ目昇進があるだろう。マクラも稽古しないとね。
一生懸命考えた根多、台詞をしゃべっていたのだろう、そういう彼女のひたむきさが好きだな。
読み物はお馴染みのもの。
子供が出てくる読み物はあっぷるちゃんに合う。

■神田松之丞 講談 日本名刀伝~正宗の婿選び
「前座がマクラを話したらおしまいですね。私なんぞは、名前を言うだけでもおこがましいと思っている」
「お前が言うなという話ですが・・・」
分かってるじゃないか(笑)
正宗幼少期の読み物は、神田女子班の大好物でよく聴いたが、50代に入った正宗のものは初めてじゃないか。
「まさむね」「まさちか」「さだむね」「むらまさ」と色々な似た名前が出てきて、誰が誰だか頭が混乱。
「むらまさ」がヒール役だったのは分った。

■神田山吹 講談 西遊記~悟空と八戒との出会い
毎年暑くなっているように感じるのは、温暖化のせいばかりではなく、自分のフィジカルにも問題があるということが分ったという内容をマクラで話していた。
自覚したのは良い事。
その山吹先生が「八戒」を演るといのは、いいんでしょうか(笑)
いいんです。

■神田松鯉 講談 水戸黄門記~雁風呂
本来は陽司先生の高座だったのだけれど体調不良で欠席となり、松鯉先生が二席演る事になった。
前高座は松鯉先生お得意の黄門記から「雁風呂」だった。
TV版水戸黄門や水戸黄門漫遊記の根多を、マクラでたっぷりとフッて頂きました。

お仲入り

■神田松鯉 講談 太田道灌 山吹の戒め
落語「道潅」で出てくる農家の少女が山吹の花を差し出され、意味が分からず恥ずかしい思いをしたあの場面の物語だった。
松鯉先生はこういう根多もお持ちだったのか。

■神田紫 講談 妲己のお百~十万坪の亭主殺し
悪女お百の物語。
昔の亭主を、金の切れ目が円の切れ目で邪魔になり、ある夜誰も居ない沼地へ連れて行って殺してしまう物語だった。
楽しそうに演るんだよ、紫先生。
女はコワイ、コワイ・・・

■神田愛山 講談 大岡政談~伊勢の初旅の序
この日楽しみにしていた愛山先生の高座。
先生が世話物(ここで書いている「世話物」は「人情噺」という意味で使っています)を演るから。
「伊勢の初旅」はろ山先生に習ったとのこと。
ろ山先生は、痴楽師匠の「綴り方狂室」を書いたという話も聞いた。
「1へー」 入れました。
で、ろ山先生の「伊勢の初旅」は序の場面しかやらないので、この後をなかなか教えてもらえなかった。
なので結局後のストーリーは、講談本で知ったそうだ。
その「伊勢の初旅の」序の部分とはどんな物語なのかと言えば、
それは「唐茄子屋政談」の後半部分。
主人公が若旦那、叔父から八百屋夫婦に代わっているくらい。
ストーリはほぼ落語とおんなじ。
弁当や、釣り銭を置いてきた八百屋のオヤジが家に帰きたが、食中毒で数日寝たきりでやっと起き上がれるようになり、心配していた例の長屋の内儀さん、子供達に会いに行くところから始まる。
そして題名に出てくる、伊勢への旅は無い。
この旅は、孤児になってしまった例の長屋の女の子とその弟を八百屋が引き取り育て、娘が八百屋小町と呼ばれる女性に成長した後の事で、その娘が隣の仕立屋の息子と結婚した後に起こる事件で、行くことになる。(そうだ)
だから演目の名前を、合う名前に替えた方がわかり易いと思う。
ろ山先生に「世話物は張り扇を叩いてはだめだよ」と教えられたとのこと。
愛山先生、落語のように扇子と手拭いだけで読んだ。
限りなく落語に近かった。
貴重な高座を拝見できた。

世話物と言えば伯龍先生を思い出すが、フリーの講談師だったので講釈場でなかなか聴く機会が無くて、TVで観るくらいだったな。

|

« 2011.07.09 復興支援寄席 鈴本 | トップページ | ぶんじ?・ぶんし? »

コメント

「伊勢の初旅」=「鰯屋騒動」は、やったら長いです。結局は「女の一生」という風情のはなしという感じでしょうか。そういう自分も速記本でしか知りません……。

投稿: 松井高志 | 2011年7月13日 (水) 13時31分

松井さん、こんばんわ。
>「伊勢の初旅」=「鰯屋騒動」は、やったら長いです。
そうみたいですね。
ろ山先生、教えるの面倒くさくなったかな(笑)

投稿: ヒロクン | 2011年7月13日 (水) 20時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/52179091

この記事へのトラックバック一覧です: 2011.07.10 本牧亭講談昼席:

« 2011.07.09 復興支援寄席 鈴本 | トップページ | ぶんじ?・ぶんし? »