« 四万六千日 お暑い盛りでございます | トップページ | 2011.07.10 本牧亭講談昼席 »

2011年7月11日 (月)

2011.07.09 復興支援寄席 鈴本

7月になり復興支援寄席が再開した日に、関東地方は梅雨明け宣言がきました。
この日は9時前に鈴本に到着しましたが、もうかなり暑くなっていました。
開場時間まで並んでいたら、鈴本前に救急車がウ~ウ~とやって来て止まった。
熱中症だったのか、酒悦のとなりのTSUTAYAに救急隊が入っていった。
特派員の小袁治師匠が写真を撮りまくっていました。(笑)
というわけで、慌ただしく復興支援寄席がはじまります。

■古今亭志ん彌 落語 野ざらし
今回の企画は、圓窓・圓丈二人会というもの。
でも暗に圓生襲名バトルを期待しているお客も居るのではないか。
そのための火消し役に志ん弥師匠が抜擢された・・・ということでもないか。
この師匠、年輪を経る毎に志ん朝度が上がっている感じ。
見た目も、声・口跡もそっくりなんだよ。
志ん朝師匠の野ざらしを聴いたようで、得した感じ(笑)

■三遊亭圓丈 落語 居残り佐平次
圓丈師匠の上がりです。
すっかりちゃんちゃんこが板に付いてしまった感じです。
メガネをかけていたので新作かと思いきや、カウントダウンでメガネを外して、古典の圓丈になった。
メガネを外した圓丈師匠の顔って、彦六師匠に似ているんだ。
そっくりシリーズが続くけど。
噺の方は、大根多で勝負をかけてきた。
昨年3月、鳳楽師匠との「圓生争奪杯」で掛けた根多でもある。
だから、襲名バトルじゃないから(笑)
クスグリは圓生ではなく、圓丈もの。
スケジュールとかカタカナや現代用語が入っていて、古典落語でも新作の圓丈の片鱗が見えた。

■三遊亭圓窓 落語 雛鍔
兄弟子の圓窓師匠がトリ。マクラを聞いていると、未だ未だ若さを見せていた。
根多ですが、こちらは小ネタを持ってきた。
「居残り」を意識して、敢えてこの根多にしたんじゃないかと、書いている今は思っています。
トリ根多でやる噺じゃない。
勝負を避けたのだろうか。
どうしても襲名バトル根多に持っていきたい、もう一人のヒロクンであります(笑)

|

« 四万六千日 お暑い盛りでございます | トップページ | 2011.07.10 本牧亭講談昼席 »

コメント

志ん弥師匠は本当に志ん朝師匠に似ていましたね。
てっきり志ん朝師匠のお弟子さんかと思ったら円菊師匠のお弟子さんなんですね。
ぽっぽちゃんがいたら募金しようかなと思っていたのですが、私が出入りしたときはいなかったようで募金しそびれてしまいました。

投稿: 通りすがりの人 | 2011年7月12日 (火) 05時59分

通りすがりの人さんこんにちは。
復興支援寄席に行かれたのですね。
志ん弥師匠、似てますよね。

私もぽっぽちゃんには会えませんでした。

投稿: ヒロクン | 2011年7月12日 (火) 08時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/52179079

この記事へのトラックバック一覧です: 2011.07.09 復興支援寄席 鈴本:

« 四万六千日 お暑い盛りでございます | トップページ | 2011.07.10 本牧亭講談昼席 »