« ペヤングソースやきそば | トップページ | 2011.06.25 本牧亭土曜講談会 »

2011年6月27日 (月)

第3回 ぽっぽのぽ 炎のプレビュー

6月29日の春風亭ぽっぽ勉強会、第3回ぽっぽのぽが迫ってきた。
プレビュー記事を書いて、当日まで繋ごうという魂胆だ。

先ずは開催情報まとめ。
場所は田園都市線駒沢大学駅近くの東京育成園。前回までと同じ場所。
云わばホームです。駒沢大学駅のホームじゃないですよ。
開演時刻は 18:30
開場時刻は30分前の18:00
木戸銭は800円。(完全予約制)
当日の東京の日の入り時刻は 19:01
1回目は真っ暗、2回目は黄昏時だった。

ゲストは、チラシや前情報では不明だけれど、林家ひろ木さんの出演はあるだろう。


攻撃システム(攻撃って、システムって何だよ(笑))
ゲストがひろ木さんだけなら、3-2システムで、ぽっぽ三味線が食い付き兼ひざの位置。
ゲストがある場合は、ぽっぽ三味線が、仲入り前にシフトして、4-2システムをとる。

予想香盤はこうだ。

■春風亭ぽっぽ 落語 桃太郎

■林家ひろ木 落語 お楽しみ

■春風亭ぽっぽ 落語 辰巳の辻占

お仲入り

■春風亭ぽっぽ 三味線
(ゲストが有ればこの位置で、ぽっぽ三味線は仲じめ(落語に続けて演る形)へシフトする4-2システム)

■春風亭ぽっぽ 落語 紙屑や

ぽっぽちゃんの落語三席は既に根多出ししているので、順番をこうしてみた。
「桃太郎」が一番軽い噺なので最初へ持ってきた。
「辰巳」は、人が死ぬ(死なないんだけど)噺なので最後は無いかなということで、中へ持ってきた。

噺の聴きどころ等を書いてみよう。
○桃太郎
これは、ご隠居と若い衆、主人と丁稚等ぽっぽちゃん得意の、上下の人間関係がはっきりしている形。
ボケては諭す落語の形でやると思う。
ぽっぽちゃんの生意気な子供が見どころ。
○辰巳の辻占
品川、星野屋パターンの金持ち男と花魁の人間関係もの。ぽっぽちゃんの「女将さん」がけっこうイケるのは分かっている。だから花魁に、小悪魔の魅力がどれだけ加わるかに注目したい。男の演出は未だいいや(笑)
○紙屑や
これは試作品を聴いている。
そうだな、可も無く不可もなくで無難に終わってほしいような、ほしくないような。
若旦那の妄想の世界から、紙屑屋の主人が出てくる現実の世界へ戻る時のギャップ、間。
ここだけ稽古の成果を見せてほしい。
というか、試作品ヴァージョンで聴いたのは「紙屑屋」だった。
チラシで根多出ししているのは「紙屑や」だ。
あそこが未熟とか、あそこがダメだったとかい言う以前に、何か企てている匂いがする。
と言っておこう。
指揮官の考えた、その「屋」と「や」の違いが発見出来るかがこの噺の肝だ。
これは観て聴いてみないと分からないから。

○マクラ
近況報告でも、時事問題でもなんでもかまわないので、一高座はマクラを充実してほしいな。
ツカミでは最初の高座だけどね。

駒沢を暑い夜にするのか否かは、ぽっぽの攻撃参加にかかっている。
指揮官はどのような選択をするのか。
駒沢を白く染めるサポータに勝鬨は上がるのか。
当日が待ち遠しい。

赤いサッカー新聞のプレビュー記事みたいになっちゃったな(笑)

最後に、打ち上げ場所。
近くの飲み屋を紹介しておきます。
酉の市、和民、よし鳥、MERCATO こんな店があります。
入った事はないけど。
家が遠い人は、飲み過ぎないように。
みんな大人なんだから。えっ俺だけ?

|

« ペヤングソースやきそば | トップページ | 2011.06.25 本牧亭土曜講談会 »

コメント

>○マクラ
>近況報告でも、時事問題でもなんでもかまわないので、一高座は
>マクラを充実してほしいな。

勉強会なんで思い切りマクラの稽古してもいいと思います。
マクラは二つ目でも経験の浅い人は皆苦しみますね。
ぽっぽちゃんもここは将来の自分につなげると思ってウケないこと
を恐れないで思い切ってやってほしいです。
「ホーム」なんで怒る人いないと思います(笑)

あの一之輔さんですら本当に安定してきたのがここ1~2年
くらいです。3年以上前の日暮里サニーホールが満杯になら
なかった時代なんかそれはもう
もっとも芸人ごとに得手不得手もありますね。小太郎さんなんか
二つ目デビュー当初から本当に安定してますから

ちなみに私は29日当日は人間ドッグを故意に入れました。
これなら緊急業務で急遽呼び出しなんてのは災害が発生しない
限り絶対ないので(笑)

投稿: B_Blue_WTB14 | 2011年6月27日 (月) 20時07分

B_Blueさんこんばんは。
企てましたね(笑)

楽しみましょうV

投稿: ヒロクン | 2011年6月27日 (月) 20時45分

朝から尾籠な話で恐縮ですがバリウムを飲まされるので、その事後措置のケリを「ぽっぽのぽ」出発前につけなければならないという課題があります(笑)

投稿: B_Blue_WTB14 | 2011年6月28日 (火) 08時16分

そうですか。
開演後に腹がグルグルしないように、がんばって(何をどうやって?)ください。v

投稿: ヒロクン | 2011年6月28日 (火) 22時20分

きのうのぽっぽちゃんのまくらはそれなりにうけていましたねぇ。
ところでぽっぽチャンにご祝儀を渡していたのがヒロクンさんですか?

投稿: 通りすがりの人 | 2011年6月30日 (木) 09時04分

通りすがりの人さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
そうですねぇ、マクラやってくれましたね。
結構ウケていたので、この調子で稽古を積んでほしいです。

御祝儀を渡したのは私じゃありませんよ。
また遊びに来てください。

投稿: ヒロクン | 2011年6月30日 (木) 21時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/52055390

この記事へのトラックバック一覧です: 第3回 ぽっぽのぽ 炎のプレビュー:

« ペヤングソースやきそば | トップページ | 2011.06.25 本牧亭土曜講談会 »