« 2011.06.04 本牧亭土曜講談会 | トップページ | 十一代目文治襲名 »

2011年6月 8日 (水)

2011.06.05 あおいちりん

一凜さんと、あおいさんの二人会「あおいちりん」へ行ってきた。
一年で、秋、冬、春の3公演の会。春公演は3.11の影響で延期になってしまい、それが今回となったわけだ。
場所は新宿歴史博物館というレアな場所。
でも私はよく知っている。
仕事場の近くだからだ。

■宝井琴一凜 講談 一凜版ドンキホーテ~渋谷109との戦い~キンキラの城
一凜は、この会の2席で、一凜版ドンキホーテ三部作をやるという。
前高座が一章、二章のダイジェスト版。
一章の渋谷109は以前聴いた事が有る。
設定は、講談好きのじいさんが、講談本やらLPやら読んだり聴いたりし過ぎて、頭がいかれてしまった。
自分を武士と思い込み、世直しの旅に出る事になったということ。
キンキラ城はラブホ。お城のような形とネオンで城と勘違いをする物語。
なかなか面白い講談だ。

■神田あおい 講談 牡丹灯籠~お札剥がし
怪談を演るという。
ここ(四ツ谷)で怪談といえば、四谷左門町の四谷怪談だと思っていた。
或いは隣町の番町皿屋敷。
しかし演ったのは牡丹灯籠。神田女子会のお家芸だ。
新三郎家の世話をしている夫婦の、お峰がよかった。
女は強い。円朝の時代からそうだったんだな。

お仲入り

■神田あおい 講談 マンガ日本昔話~絵姿女房
マンガ日本昔話から、この物語。
10分らいの尺だ。
こういうのを幾つか持っていると、いろいろな会で使えそうだ。
分かり易いのがいい。

■宝井一凜 講談 一凜版ドンキホーテ~ドンキホーテの最後
一凜版ドンキホーテの最終章。
ロシナンテを公園の木につないで、山手線で東京を回ろうとするキホーテとサンチョ。
山手線の車内でトラブルの後、駅の階段から落ちて、それが致命傷でキホーテは正気にもどるも死んでしまう。
最後は死ぬのか・・・
ロシナンテ、木に繋ぎっぱなしだな。
だれか世話をしてくれるといいけど(笑)

|

« 2011.06.04 本牧亭土曜講談会 | トップページ | 十一代目文治襲名 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/51891138

この記事へのトラックバック一覧です: 2011.06.05 あおいちりん:

« 2011.06.04 本牧亭土曜講談会 | トップページ | 十一代目文治襲名 »