« ある新人前座さん | トップページ | ジオン独立宣言 »

2011年5月25日 (水)

林家花

ネットに、紙切芸の林家花さんのインタビュー記事があった。
今までで、困ったリクエストを聴くという企画だったが、意外なことも分かった。
↓林家花 紙切り芸
http://portal.nifty.com/2011/05/14/d/

花さんの紙切は、昨年の芸協らくごまつりの紙切教室で間近に、生で拝見した。
得意なのは「舞子はん」らしい。その時もこのインタビューでも切っていた。
線が優しい舞子さんなのだ。
そんな花さん、寄席デビューまで13年も修行したそうな。
それは知らなかった。
おそらく20代を紙切修行に捧げた感じじゃないだろうか。
お客の横顔を切るというのは、観た事が無い。
稽古は顔正面の写真を見て、横顔を想像して切るのだそうだ。
そんなコンピューターの画像処理のような稽古をするんだな。
インタビュー記事で切った横顔はそっくりじゃないか。
紙切は、先ず卵から習い始めるのか。それからひよこ。
私が昨年の紙切教室で習ったのは、最初は円で、次がハートだった。
楕円を切るのは、少ない紙切経験からも、難しいと分る。
卵からやがて、舞子さん、藤娘、宝船等出来るようになるのか。

後、寄席の芸だからトンチやシャレも必要。
花さんの話芸はどんな感じだろうか。
是非、講座を観たくなった。

因みに花さんは揺れながらは、切りませんでした。
林家はみんな揺れると思っていてはイケないんだな。
「お~れ~の~こ~と~かい~」
彦六師匠、いや、そのー 汗

|

« ある新人前座さん | トップページ | ジオン独立宣言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/51766312

この記事へのトラックバック一覧です: 林家花:

« ある新人前座さん | トップページ | ジオン独立宣言 »