« 2011.05.21 果実のお祝 | トップページ | 林家花 »

2011年5月24日 (火)

ある新人前座さん

少し前の日刊マック師匠のブログによると、正蔵門下にまた前座さんが入ったそうです。
林家つる子さん。
http://yanagiyakoenji.at.webry.info/201105/article_8.html

なな子さんの後、直ぐですね。
それも続けて女性の弟子。
写真を見て、どこかで見た気がしてずっと気になっていた。
タレントさんだったかなと思っていた。
それが誰だかやっと思い出した。
学生落語選手権だったか、そういうアマチュアの大会で受賞した人だ。
この大会のドキュメンタリー番組を2年(2回)見た。
その高座姿を覚ていたんだな。
すごい「強情灸」を演っていたので、印象に残っていた。
やはりプロの道に進んだのか。
すくすくとそして、真っ直ぐに育ってほしいです。

|

« 2011.05.21 果実のお祝 | トップページ | 林家花 »

コメント

彼女の高座は2回観ています。演目は「味噌豆」「寿限無」で何故かともに浅草演芸場。芸風なんですが声質のせいか良い意味で女を感じさせないんです。ちょっと面白い存在ですね。そろそろ新人前座第一の関門と言われている黒門亭に出る時期なんでちょっと楽しみです。

投稿: B_Blue_WTB14 | 2011年5月24日 (火) 21時26分

可愛いやないですか・・・。
上方では女性の入門についてややこしい事情のあった国宝一門も、最近は教祖の老化のためか、女流新人が続出しています。
お江戸ではその点は、ずっと前から開けているのでしょうね。

投稿: 明彦 | 2011年5月25日 (水) 00時26分

B_Blueさんおはようございます。
若手の高座は見逃しませんねぇ。流石ですねぇ。
>良い意味で女を感じさせないんです
声は高い方ですが、江戸弁口調かな、口跡が得をしているように思いました。
でもなぜ「正蔵」門下なのかな。
というのが私の疑問。
林家は小朝師、たい平師等古典の上手な師匠がいらっしゃるので稽古は心配してませんが。

投稿: ヒロクン | 2011年5月25日 (水) 08時01分

明彦さんおはようございます、パート2v
最近のお江戸の女性進出ぶりは、すごい勢いに感じます。
先人達が女性落語の様々な可能性を追いかけています。
そういう意味では、今の前座ちゃん達は、恵まれているかもしれませんね。
上方も開けてきてますか。
しばらく上方落語へ行けなかったので、顏を出せたらなと思います。

投稿: ヒロクン | 2011年5月25日 (水) 08時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/51757652

この記事へのトラックバック一覧です: ある新人前座さん:

« 2011.05.21 果実のお祝 | トップページ | 林家花 »