« 大須演芸場が大変なことに | トップページ | 復興支援寄席 »

2011年4月 6日 (水)

あるコラムのこと

白鳥師匠が日経PCに執筆しているコラムがある。
最近のコラムを読んだ。内容はこんな感じだ。
↓冬の後には春が来る
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/column/20110405/1031108/?f=ranking

実際に慰問に行った白鳥師匠が、現地で知った現実。
説得力の有る文章だった。
白鳥師匠が行ったのは新潟の地震。おそらく2004年の中越地震の時ではないかと思われる。
今回の被災地の人々も、白鳥師匠の出会った人と同じような苦悩や被災地向けの期待を持っていると思う。
支援とは、やってもやらなくても文句を言われる。
でもやらなければならないということか。
どうすればいいのか。
難しいな、白鳥師匠。

今呑んでいる酒はこれ
0406p1010627
福島の酒「榮川」辛口の酒だ。
がんばれ福島

|

« 大須演芸場が大変なことに | トップページ | 復興支援寄席 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/51319770

この記事へのトラックバック一覧です: あるコラムのこと:

« 大須演芸場が大変なことに | トップページ | 復興支援寄席 »