« 先生が博士に、レッドカーペット | トップページ | 寄席・演芸・弊ブログファンの皆さまへ »

2011年3月 9日 (水)

ファイティング寿限無

立川談四楼師匠の小説「ファイティング寿限無」が漫画化されたという記事がありました。
↓落語×ボクシング「ファイティング寿限無」がヤンチャンで
http://natalie.mu/comic/news/46086

3月8日発売のヤンチャンですね。
小説の「ファイティング寿限無」結構好きなんです。
映画化を望んでますが、その前に漫画化という形で再度メディアに登場しました。
主人公の絵がありますが、かっこよ過ぎな気がします(笑)
毎回雑誌を購入するのは面倒なので、コミックスが発売になったら買おうと思います。

話は代わって、8日のBS2「お好み寄席」を観ました。
ショート落語たいへんに面白かったです。
「反対俥」→「丑三つタクシー」と連続で公演しましたが、実はストーリーが繋がっているという趣向だった。
さすがは新作派の二人です。
菊之丞師匠の物真似も上手かった。
一之輔さんは、先輩達のように遊ばずに、ストロングスタイルで古典古典でした。
「長短」は一番ショート落語に合うかもしれませんね。
あんなに気長にやったら、7分では間に合わないだろうと、視聴者に思わせる演出が満載だった。
パート2があるようなコメントを司会も務めた志らく師匠が言っていたので、そちらも期待したいです。

|

« 先生が博士に、レッドカーペット | トップページ | 寄席・演芸・弊ブログファンの皆さまへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/51075541

この記事へのトラックバック一覧です: ファイティング寿限無:

« 先生が博士に、レッドカーペット | トップページ | 寄席・演芸・弊ブログファンの皆さまへ »