« 中止・延期ばかり | トップページ | 2011.03.12 歴史に残るだろう本牧亭講談昼席 »

2011年3月20日 (日)

落語物語in東劇 0318

落語物語を観に行ってきた。
既に昨年の秋、浅草公会堂で「したまちコメディー映画祭」に招待作品として上映したものを観ている。
2回目の鑑賞だ。
同じ映画をビデオではなくて、お金を払って2度見るのは自分にとってはなかなか珍しいことだ。
若い頃見た「未知との遭遇」と「2001年宇宙の旅」以来ではないかな。
東劇は初めてだった。
大きな会場だった。
席もゆったりしていて落ち着いてゆったりと観れる。
会場には何の問題もなかったが、一つだけ問題があった。
眼鏡を忘れた。

予定していた17日の落語会付きの上映会は中止になり、翌実18日の夜。最終時刻の会へ行った。
この日を過ぎると上演時間はデイタイムのみとなってしまい、行けそうにないからだ。
一度映画を観ているので、今回は小道具とか細部を観ようを思っていた。
が、やっぱりストーリーを追って全体を眺める観方になってしまった。
だけれど、少し俯瞰で観れたと思う。
演技だとか、仕種だとか初回とは違う印象を得た。
この映画は落語という丼の中に笑いと涙が詰まった映画だ。
落語ファンも映画ファンも楽しめると思う。
ご贔屓噺家の演技や、寄席の楽屋側の風景を堪能するのもいいだろう。
私の今回の発見は、小春の服装。
19歳という設定。
こういう服を着るのか。
これはいくらなんでも楽屋へは着ていけないなというTシャツ(笑)
いろいろ発見があった。

|

« 中止・延期ばかり | トップページ | 2011.03.12 歴史に残るだろう本牧亭講談昼席 »

コメント

こら~~
誰だよ「春風亭ぽっぽ おっぱい」で検索した奴
ログに残っちゃうぞ。

気持ちは分かるけど(笑)

投稿: ヒロクン | 2011年3月22日 (火) 20時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/51170891

この記事へのトラックバック一覧です: 落語物語in東劇 0318:

« 中止・延期ばかり | トップページ | 2011.03.12 歴史に残るだろう本牧亭講談昼席 »