« 2011.02.17 春風亭ぽっぽ勉強会「ぽっぽのぽ」 | トップページ | 2011.02.20 講談本牧若芽の会 »

2011年2月22日 (火)

第一回ぽっぽのぽを振り返る

春風亭ぽっぽちゃんの勉強会「ぽっぽのぽ」でまだブログを書こうと言う魂胆であります。
どんだけ引っ張るんだよ(笑)
次の根多がまだ書けないから・・・・

入場料が800円でした。
で、木戸でこんな素敵なプレゼントをいただきました。
0217p1010456
この日の会のための、オリジナルパッケージのチロルチョコレートです。

デコチョコっていうサービスがあるんですね。
http://www.decocho.com/pages/shopping

今回は、この会の収支という無粋な事をテーマにしてしまった。

各1セット 45個入り 2,362円(税込み)
送料は840円くらいかな。
チラシがカラーの上質紙で2パターン。
P1010467
それから可愛らしいデザインのカラーのプログラム。
0217p1010449

これらの費用を木戸銭に当てると、一人250円位かなと見積もった。
で、会場の貸席料分は一人200円としてみた。
ひろ木さんの出演料を払うと、春春堂のスタッフさんの費用は交通費くらい。
そしてぽっぽちゃんのギャラも払えて交通費くらいという試算結果になった。
うれしいニュースもあるけど、影には厳しい現実もあるね。
芸人のみなさんは、こういう現実と戦いながら、工夫しながら会を開いているんだなと、今回試算して思った。
春春堂さんの場合は小朝師匠が稼いでいるので、全体では利益が十分出ていると思いますが。

あっそれから昇進後の名前だけど、「ぴっかり」はやだ!(>_<)

|

« 2011.02.17 春風亭ぽっぽ勉強会「ぽっぽのぽ」 | トップページ | 2011.02.20 講談本牧若芽の会 »

コメント

>今回は、この会の収支という無粋な事をテーマにしてしまった。

ということで私も若干無粋なレスで

今回のぽっぽちゃんの勉強会は小朝師匠(春々堂)がバックアップしている分ぽっぽちゃんは幸せだと思います(つーかそうでないと前座さんが勉強会なんて無理ですよね。他の一門の前座さんだとこういうことあまり聞かないですから)。

今日らくごカフェでいつもツルンデいる秘密倶楽部員とも話題になったのですが、これと併せ小朝師匠の会で大勢の客の前で口演ができるということもぽっぽちゃんは恵まれた環境にいると思います。高座度胸をつけるのにはもってこいですから(もっとも小朝一門は修行自体は非常に厳しいことは認識していますが)

>あっそれから昇進後の名前だけど、「ぴっかり」はやだ!(>_<)

会のアンケートが春々堂あてだったので「小朝師匠へお願い:ぽっぽちゃんが希望するなら二つ目になっても今の芸名を使わせてあげてください。」と大きな字で書いてきました(笑)。


 追伸:ぽっぽちゃんの「えっ いいんですか? 嬉しい~」ピョン!・・・いいですね(笑)

投稿: B.Blue | 2011年2月22日 (火) 23時28分

こういう場面も考慮して、最終的にどの師匠に入門するのか決めると言う新人はどうなんでしょう。
少ないのではないかと思います。女性はしっかりしているから色々考えて決めるかもしれません。
芸術の前座さん達は、グループで勉強会を開いていました。
一人じゃできなくても、資金を持ち寄ればなんとかなるのでしょう。
健気だなぁと感じます。
野球はよく分かりませんがぽっぽちゃんは、まるで巨人軍に齋藤投手が入団したような、たいへん恵まれている環境にあると思いますね。

>ぽっぽちゃんの「えっ いいんですか? 嬉しい~」ピョン!・・・いいですね
喜びを体全体で表現されると、たまらないですね(笑)

投稿: ヒロクン | 2011年2月23日 (水) 08時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/50935067

この記事へのトラックバック一覧です: 第一回ぽっぽのぽを振り返る:

« 2011.02.17 春風亭ぽっぽ勉強会「ぽっぽのぽ」 | トップページ | 2011.02.20 講談本牧若芽の会 »