« 高円寺演芸祭2011 | トップページ | 花園のサル(女子芸人) »

2011年2月 9日 (水)

落語マガジン

今回はフリー・ペーパーの雑誌の話ではなくて、有料の落語マガジンの事です。
小学館から、CDつきマガジン「落語 昭和の名人 完結編」が8日に発売になりました。
もう生で聴くことのできない昭和の名人達の録音です。
これ490円なんですよ。
↓名人の名演を網羅したCDつきマガジン「落語 昭和の名人 完結編」創刊!
http://media.yucasee.jp/r/detail/57262?showspecial=true

創刊号は2代目桂枝雀。落語CDには、「代書」と「親子酒」の2高座が収録されています。
これにオールカラー20ページの解説が付く。
私から言わせてもらうと、解説書付きCDが490円で買えるのならお買い得じゃないかなと。
未だ買ってないですけど。
以前購入した名作1品シリーズかなにかで、三木助の芝浜のCDが1000円だった(CDのみ)のを覚えている。
それと比べてもお得感ありだ。
この値段は創刊号特別価格なのだろうか。
あ~~2号からは一律1190円だ。
全26刊で合計30,240円だと思います。
まぁそれでも創刊号は買いだな。
雑誌扱いなので、定期購読で全刊一括払いで購入すると、名人達の出囃子CDが漏れなくついて来るそうだ。
次号からの出演者は、志ん朝、志ん生、小さん、枝雀、圓生、圓丈とつづく・・・
圓丈師匠は、生きてるよ(笑)
ダメだよ>自分
圓丈師匠のはありません。

|

« 高円寺演芸祭2011 | トップページ | 花園のサル(女子芸人) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/50820448

この記事へのトラックバック一覧です: 落語マガジン:

« 高円寺演芸祭2011 | トップページ | 花園のサル(女子芸人) »