« 花園のサル(女子芸人) | トップページ | 春風亭ぽっぽちゃんにお願い »

2011年2月12日 (土)

2011.02.10 市楽三席

らくごカフェへ行ってきた。
市楽さんの会「市楽GO」
それは全楽さんの会だよ!>自分
市楽さんは「市楽三席」
5じゃなくて3だ>自分
二目下がった
そういう根多コーナーじゃなくて、落語会のレビューでございます。
真面目にやっているコーナーでございます。

■柳亭市楽 落語 道潅
前座さんの登場があるという噂だったが、本人が開口一番。
市楽さんの高座は、二ツ目昇進の時以来だな。
随分と久しぶりだ。
前座モードで入るつもりだったのか、初めて習った噺を演るという。
柳家グループで初めて習う噺がこれ。
思い出しながらやる。
クスグリを新しくしたら、ちょっと失敗。
いいよ、「道潅」にCOCO一番出さなくても(笑)
着物は青い薄手の着物だった。
これも前座の時に着ていたものだという。
何から何まで前座のコーナーでした。

■春風亭ぽっぽ 落語 初音の鼓
「前座の上がり」が流れた。
やはり事前の噂どおり、春風亭ぽっぽちゃんが前座だった。
根多は「初音の鼓」だ。
根多下ろしらしい
この噺はきょんきょんの演出がいいんだ。
三太夫が「こん」と鳴くところを、とても恥ずかしそうに演る。
素人が突然ふられて、きっちりと「こん!」はできないだろうという考えだろう。
この演出をちょっと期待していたわけだが、ぽっぽちゃんはいきなり「こん」だった。(>_<)
恥ずかしそうに演るぽっぽちゃんが観たかったのに。
ぽっぽちゃんの手の位置を重点的に見たが、殿、三太夫、商人を上手く演じ分けていた。

■柳亭市楽 落語 雛鍔
暖簾の隙間から高座を時々覗いているぽっぽちゃん発見。
市楽さんとぽっぽちゃんは、同い年だそうだ。
楽屋で二人でいる時は、タメ口なのだろうか、落語の世界だけに、先輩・後輩の境はあるのだろう。
これを、落語境界と呼ぶ・・・
あーもう、また根多を書いてしまった。
高座に戻ります。
この日師匠は赤坂BLIZで落語会。
しかも南沢奈央ちゃんが市馬師匠が教えた落語を演じるという会だそうだ。
http://www.tbs.co.jp/blitz/schedule_a/
恐らく赤坂BLIZには奈央ちゃんファンですごいことになっているだろう。
みたいなマクラ。
で、この高座はその奈央ちゃんが演じるのと同じ根多を演るという。
その落語は、書けない漢字で「ひなつば」だ。(笑)
奈央ちゃんの場合は、子供をかわいらしく、あるいは小悪魔のように演じればもうそれで落語は十分だが、噺家はそれでは済まされない。
っていうか小悪魔はできない(笑)
しっかりと大店の主人、職人もそこに出てきた。
最後にきてなんですが、南沢奈央ちゃんて誰?

お仲入り

■春風亭ぽっぽ 寝床 俗曲
再びぽっぽちゃんの登場。
サプライズっぽくてびっくりしたが、この会はそういう仕様らしい。
ヒザをつとめる企画なのだ。
三味線と譜面を持っての登場だった。
市楽さんが前の高座で前フリをしたので、ぽっぽちゃん自ら、AKB48オーディション出場の話をした。
「え~モー娘も受けたの?」
びっくりすると
あっそれは根多なのね(笑)
はい、高座に戻ります。
今日は小菊師匠の高座で太鼓を叩いたので、イメージトレーニングはばっちりとのお言葉(笑)
三味線弾きながら、小菊師匠のように唄うのか。
そうか
うんうん
おいおい誰だよ、根多の欄に「寝床」なんて落書きしたやつは。
よしなさいよ、失礼だな(笑)
ぽっぽちゃんファン怒られるよもう。(`´)
ぽっぽちゃんが料理した春キャベツ&ベーコン炒めとこの俗曲と、どちらが上手なのか。
それは小朝師匠しかわかりません。
前回より1曲増やして3曲唄いましたとさ。
結構キーは低いんだな。
締めの音をかすったりして、盛り上がりました。

■柳亭市楽 落語 明烏
アンケートでリクエストの一番多かった噺を演る企画で、一番がこの噺だったので今回演るわけだが、2番目に多かったのが「ガーコン」だそうだ。
何を期待しているのかと言えば、そりゃそうでしょう。
市馬一門は全員歌手協会に入っているプロ歌手なんでしょう?
えっ違うの
市楽さんはへ、下手なの?
そういう誤解が2位のガーコンへつながったのだと思います(笑)
落語は本寸法でよかった。
こなれてくれば、軽さは程よく残る程度に消えていい形になると思います。
市楽さんはマクラが長いというのが今回でわかりました。
ぽっぽちゃんの高座は2席だったわけですが、落語は根多下ろしだし、三味線は曲数増やしてきて、始まる前はかなり緊張していた様子。
一体誰の為の会だったのか
そういうオチの会だった。

次回の「市楽三席」は4月20日だそうです。
前座はぽぽちゃんだろうか、三味線は上手くなっているのだろうか
乞ご期待!

|

« 花園のサル(女子芸人) | トップページ | 春風亭ぽっぽちゃんにお願い »

コメント

私は若手研精会に頻繁に足運んでいるので市楽さんは二つ目になりたての頃から頻繁に観ています。この「市楽3席」も3回目の参戦です。
会に行くようになったのが一昨年「裏研精会」(こみっちゃんとの二人会)で演じた「粟餅」を聴いてから。
熟練した演者以外はとても定席でかけられない演目なのですが本人に聞くと雲助師匠に習ったとかで積極的にいろいろな噺に挑戦している姿に好感が持てます。

ぽっぽちゃんの「初音の鼓」は初めてでした。たまたま同じ女流で1月23日の黒門亭でちよりんさんのを見る機会があったのですが、高座の上に正座姿でピョンピョン跳ねすごい迫力(高座の台がドスンドスン 笑)。ぽっぽちゃんにもこれ期待したのですが男物の着流しじゃ無理なのかな(ちなみにちよりんさんは袴でした。)

同じ「鼓」と名のつくものでぽっぽちゃん昨日日本橋亭(圓朝座)で「初音の鼓」やっていましたね。この演目も今年他の演者観たのが2月5日の黒門亭で菊千代師匠。どうも今年の鼓モノは女流に縁があります。

定席だと時間その他様々な要因で演じられることが限られてしまうので、小朝師匠を含めた個別の落語会で普段見られない芸をやってますね。南京玉すだれもずいぶん上達しました。

>サプライズっぽくてびっくりしたが、この会はそういう仕様らしい。
>ヒザをつとめる企画なのだ。
>三味線と譜面を持っての登場だった。

ぽっぽファンは市楽さんに足向けて寝られませんね(笑)

>次回の「市楽三席」は4月20日だそうです。
>前座はぽぽちゃんだろうか、三味線は上手くなっているのだろうか

 私のところに市楽さんからハガキで事前通知が来ますのでぽっぽちゃん出演の場合は情報提供させていただきます。

投稿: B.Blue | 2011年2月12日 (土) 09時35分

B.Blueさんおはようございます。
ぽっぽちゃんの知らなかった側面がみれました。
落語会の情報いつもありがとうございます。
助かっています。
4月の会の情報もよろしくお願いします。m(__)m

投稿: ヒロクン | 2011年2月13日 (日) 09時00分

こんばんは。
南沢奈央さんは、携帯草双紙の映画化『赤い糸』に主演したアイドルだそうです。
さすがにそれは未見ですが、京都の南座で『赤い城 黒い砂』というお芝居に出ているのを拝みました。
中村獅童に捨てられて発狂して盲目になって、不特定多数の男達に弄ばれた挙句超能力で一国を破滅させる、という役を一所懸命やっていました。
どうやら並みのアイドルとは違う根性の持ち主のようです。
ちなみに外見は、ぽっぽ様に割合近いような気がします。

投稿: 明彦 | 2011年2月13日 (日) 23時13分

明彦さん情報ありがとうございます。
南沢奈央さんは、個性的な役もこなす女優さんなんですね。
そういえば彼女が出演した「赤坂BLITZ 寄席LIVE」はTV放映があるという情報がありましたので、記しておきます。

BS-TBS 3月18日(金) 27:00~ (3月19日 03:00~)
TBSということは、落語研究会とつながりがあるのかも。

投稿: ヒロクン | 2011年2月14日 (月) 12時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/50837716

この記事へのトラックバック一覧です: 2011.02.10 市楽三席:

« 花園のサル(女子芸人) | トップページ | 春風亭ぽっぽちゃんにお願い »