« 小説「落語物語」 | トップページ | オカンの嫁入り »

2011年1月20日 (木)

借りぐらしのアリエッティ

年末年始に見た映画の話題を2発いきます。
先ず第一弾はこれ。
遅ればせながら、「借りぐらしのアリエッティ」を観てきた。
ロードショーが終わってから観た方が安く観られるので、映画は概ね半年~1年遅れ位で観る事が多い。

借りぐらしは、仮住まいの事だと映画を見る前は思っていた。
しかしそれは違っていた。
アリエッティが走るシーンは、ジブリ走りとでもいうのか、ポニョとも共通する走り方なのがわかった。
前提や背景の説明無しに、粛々と物語りが進行していくのもジブリの形なのか。
名前や顔かたち、生活習慣はどう見ても異国人に見える小人達だが、小人同志でも日本語で会話していて、日本人の少年とも日本語でコミュニケーションを取っているのが違和感があった。
異人種・異文化の者同志がぶつかって、やがてそこから友情や愛情が育まれていくというストーリー運びが常套だが、納得し易い。
まぁ子供だましの映画だから、そこまでツッコンでもしょうがない。
それからポニョ程、ストーリーがむちゃくちゃではなかったのは良かった。
監督が違うからだろうか。
色々纏めて、あージブリだなという映画だった。

それはそうと、TOHOシネマズが映画料金1500円に値下げだそうだ。
ロードショー以外の映画館の値下げも期待したい。
そうだな、1000円で見られればいいな。

|

« 小説「落語物語」 | トップページ | オカンの嫁入り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/50634846

この記事へのトラックバック一覧です: 借りぐらしのアリエッティ:

« 小説「落語物語」 | トップページ | オカンの嫁入り »