« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月31日 (月)

180°south(ワン・エイティー・サウス)

映画を観た。
冒険のドキュメンタリーだ。
スポーツ用品の世界的ブランド「パタゴニア」と「NOTH FACE」の創始者2人が若い時に冒険したパタゴニアの山の登山や道程でのサーフィンを記録した16ミリフィルムを観た若者が感銘を受けて、同じ道程を旅するという映画だ。

続きを読む "180°south(ワン・エイティー・サウス)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月28日 (金)

なめくじ長屋

落語探偵団ミッション2のなめくじ長屋の調査結果を読みました。
http://rakugo-tanteidan.jp/mission00201.html
ありがとうございます。よく分かりました。
このレポートを読むまで、場所は知らなかったのだけど、長屋のあったエリアは私が時々行くエリアだったのでびっくり。

続きを読む "なめくじ長屋"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月27日 (木)

月1で落語BAR

2月3日からBS12ch、20:00~21:30で落語+トークの番組が始まります。
↓落語+トークで面白さ満載! BS12「松尾貴史の落語BAR」スタート
http://www.tvlife.jp/news/110125_07.php

続きを読む "月1で落語BAR"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月26日 (水)

2011.01.23 負け組の遠吠え

全戦連敗のSWAのチケット争奪戦。
この日は3月のSWA予約販売開始の日。
2月のは、丁度インフルエンザで寝込んでいて勝負出来なかった。
今日がその勝負の時。
すべての予定をキャンセルして、10時の発売開始に挑んだ。
その結果は・・・

続きを読む "2011.01.23 負け組の遠吠え"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月25日 (火)

2011.01.22 本牧亭土曜講談会

今年初めての講談は、この会になった。
本牧亭の土曜講談会。
日本料理を満喫しながら講談を一席聴ける会。
この日の夜の大変に寒かったので、上野でちょと体にアルコールの暖房を入れてから、本牧亭に向かった。
本牧亭でもお湯割りで体を温める。
そうこうしている内に、開演の19時を迎えるが・・・
かなり高い確率で遭遇するのが、麹町の師匠。
この夜もご来店。
奇しくも、別の席のお客さんが、師匠が来た時にサインを貰ってくれと、麹町の師匠の昭和42年のLPを女将さんに預けたところだったんだ。

続きを読む "2011.01.22 本牧亭土曜講談会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月24日 (月)

落語会のチラシ

花緑師匠が連載しているエッセーの中で、落語会のチラシについて触れている記事を見つけました。
↓(37) 「チラシ」の力ってスゴイ
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/110117/ent11011716140044-n1.htm

続きを読む "落語会のチラシ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月21日 (金)

オカンの嫁入り

何の予備知識もないまま、最近までこの映画はコメディーだと思っていた。
そしていつか観ようかなと思っていた。
ある日映画の予告編を見たら、人が死ぬ映画だった。コメディーでは無かった。
観ようかどうしようか迷った末に、観てしまった。

続きを読む "オカンの嫁入り"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月20日 (木)

借りぐらしのアリエッティ

年末年始に見た映画の話題を2発いきます。
先ず第一弾はこれ。
遅ればせながら、「借りぐらしのアリエッティ」を観てきた。
ロードショーが終わってから観た方が安く観られるので、映画は概ね半年~1年遅れ位で観る事が多い。

続きを読む "借りぐらしのアリエッティ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月19日 (水)

小説「落語物語」

しん平師匠の高座で話されていた、小説版落語物語の発売が決定したようです。

↓小説「落語物語」
http://blog.d-raiga.jp/?eid=139491
遂に公式発表になりましたねぇ。
著者 : 林家しん平
発売日:2011年 02月 25日
定価(税込): 予)1470円

続きを読む "小説「落語物語」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月18日 (火)

実は見られていた

池袋12日の昼席レポートに追加を書く事は予定していなかった。
春風亭ぽっぽちゃんの楽屋入りの際の挨拶は失敗したけど、高座姿が観れて、小三治師匠が聴けて良かったねで、終わる予定だった。

追加でこれから書こうとしている事も、それ程大した事でもない。
だから最初から書くつもりは無かった分けです。
では書かなければいいじゃん。
となるわけですが、どうもアレを見られていたらしいです。
で、当事者としてはこうでしたという、アレの報告をしたいと思います。
ブログ・ファンサービスです。

続きを読む "実は見られていた"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月17日 (月)

2011.01.12 池袋演芸場 二之席 昼の部

今は初席の喧騒が過ぎて、普通の生活に戻った頃。
しかし寄席は二之席といって、まだまだ正月気分で稼ごうという気まんまんである。
インフルエンザはすっかり良くなり、医者から言い渡された外出禁止期間も過ぎたので、出社しようと連絡を入れたところ、未だ来るなという。
それで、平日に一日出来てしまった空白時間。

「寄席へ行こう!」

行くなら池袋演芸場だ。
主任が小三治師匠なんだ。
こんなチャンスはめったにない。
平日とは言え小三治師匠のトリだから、席が不安である。
早めに家を出た。
10時半には木戸に到着。
しかし既に10人以上が並んでいた。
それから池袋にしたもう一つの理由は、言わずもがな春風亭ぽっぽちゃんである。
早く着いたので、楽屋入りの時挨拶しようと、スタンバっていた。
その結果は・・・見逃してしまったんですよ。
11時半頃、私(達)の方に近づいてくる女の子がいたのですが、一般の女性だと思ってしまった。
実はぽっぽちゃんだった。髪の毛を下ろしていたのと、マフラーグルグル巻きで、目しか出ていなかったから。
気がつくのが遅れた。遅れてしまった。
前を通り過ぎた瞬間、ぽっぽちゃんだと分かったんだ。声をかけられず。
あーもー失敗。

続きを読む "2011.01.12 池袋演芸場 二之席 昼の部"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月14日 (金)

2011.01.02 新作落語お正月寄席

新作落語会へ行ってきた。
毎年正月と夏休みに、新宿プーク人形劇場で行なわれている新作落語会だ。
初笑いはこの新作落語会でプーク人形劇場へ出かけることが多かった。
10年と少し前には、当時未だ二ツ目だった新潟、喬太郎の熱演が見られた会。
今は即完売で、予約チケットを買うことすら出来ない。
圓丈師の開拓した新作の会は、登場の時のお囃子は流れずに、ジャズやポッスが流れる。
メクリは使わずに、譜面台に名前が横書きの画用紙等、寄席の常識を打ち破った会だったんだよ当初は。
さて今年の会はこんな感じ。

続きを読む "2011.01.02 新作落語お正月寄席"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月13日 (木)

2011.01.02 新春寄席

はい、インフルエンザから開放されて、やっと気質の世界に帰って来た気分です。
寄席レビューは今更感いっぱいですが、ようやく今年のものに入りました。
これもまた旅人なり。 ・・・・意味不明
-------------------------------------------------------------

初笑いは、芝大神宮。
ちょっと待って、それは初詣だろう。
いや確かに初詣もここで行ないましたが、落語会もここであったんです。
鈴本や浅草で初笑い興行を観に行ったことも以前はあったが、超混雑で客席も楽屋も戦争状態。
ゆっくり見物することは出来ない。
これに懲りてもうここ何年も、寄席に初笑いは行っていない。
今年は、ここを選んでみた。
その結果は・・・

大正解だった。


大門駅から大門を目指して歩くと、太鼓の音が聞こえてきた。
その方向へ行ってみると、小駒さんが呼び込みの太鼓を叩いていたのだった。
会場は参集殿だろうか、畳敷きの大広間へ向かった。
開演前だからか、人はまばら。暖房の効いた温かい部屋で、足をのばしてくつろいだ。
「極楽、極楽。寄席に行かなくて良かった」

続きを読む "2011.01.02 新春寄席"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月12日 (水)

2010.12.30 トンデモ暴念会

エンタメヒットパレードを途中で抜けてやってきたのは、すぐ近くの木馬亭。
放禁落語オンパレードのトンデモ落語会の年末スペシャル。
この落語を聴いて年を越すのが、ここ数年続いている。
この会もレビューを書くわけだが、書けない部分が多いので、どれだけ書けるかが問題。
そんな危ない会は、補助イスも埋まる超満員となった。
幕が開きます。

続きを読む "2010.12.30 トンデモ暴念会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 7日 (金)

2010.12.30 エンタメヒットパレード年末スペシャル【浅草爆笑王IV】

浅草東洋館で毎月10、20、30の日に行われている特別興行の「エンタメヒットパレード」
この年末スペシャルに行ってきた。
この日は主任は圓丈師匠。それから圓丈一門から白鳥師匠、丈二師匠も参戦している。
百栄師匠も出演しているので、新作派にはたまらないラインアップ。
それからなかなか生で見る機会の無い、九十九一氏が出演する。前日に分かった情報では、月亭方正氏が急遽出演が決まった。
期待度大な会だ。

続きを読む "2010.12.30 エンタメヒットパレード年末スペシャル【浅草爆笑王IV】"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 6日 (木)

2010.12.28 年忘れ爆笑寄席

4日未明から、咳と発熱。
今朝病院で検査したら、インフルエンザだった。
ということで外出禁止を言い渡されてしまった。
しょうがないので、PCの前でシコシコと未発表の寄席レビューを書いています。
このエントリは、先月28日の浅草夜席のレビューです。

春風亭ぽっぽちゃんの、公式に高座が案内されていた今年最後であろう落語会に、行けないのが心残りだった。
そんな気持ちが頭の隅に残っていた。
たまたま年末の寄席のスケジュールを見たら、浅草の夜席が林家一門メインの会だった。
師匠の小朝師も出るし、ひょっとしたらぽっぽちゃん、楽屋入りしているんじゃないか。
あわよくば高座が、今年最後の高座が聴けるのではないか。
そんな甘い期待を抱いて、浅草演芸ホールへ行った。
16時前に到着して、取り敢えず整理券をもらった。
時間があるので、スカイツリーの成長を確かめに行った。
この日のスカイツリーはこんな感じ。
1228p1010235

浅草側からだと、スカイツリーより、○ンコの存在感の方があるなという印象。
今後スカイツリーは、○ンコを越えられるのだろうか・・・
あー中央は、先代の三平師匠をデザインしたのかなぁ・・・・
そんな事を考えながら来た道を戻る。
戻ってマックで温まってから、再度浅草演芸ホールへ行った。
右前方の席を確保。
たぶんここからだと、楽屋から出て、高座に向かう為のスペースが見えるだろうという位置だ。
一番太鼓。
小さい太鼓の音は、ぽっぽっぽちゃんではないかなと思われる、ちょっとひっかかるリズムの太鼓だ。
そうこうするうちに、場内アナウンス。
ぽっぽちゃんの、やや鼻にかかった声だった。
やはり浅草に来ていたんだ。
私の読みは当たっていた。
間もなく開演時刻。
....

続きを読む "2010.12.28 年忘れ爆笑寄席"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年1月 4日 (火)

2010.12.24 クリスマス・TEN

みなさん、新年おめでとうございます。
正月はどうでしたか?
寄席三昧
飲み食い三昧
寝三昧
色々な過ごし方があったと思います。
私は、3日まで絶好調で予定したスケジュールをこなしました。
しかし4日未明から咳が止まらず、今シーズン3度目の風邪に突入したもよう。
大枚叩いて、加湿機能付きエアコンを導入したのに、効かねーじゃねぇかよ。
たく、もう・・・

さてぇ、今日から、ブログを再開です。
年末年始は落語会に行ったので、溜まったレビューを暫くの間紹介します。
ですが、けっこう大人数を聴いたので、セレクトしている高座があるのは、ご了承ください。
先ず最初のレビューは、時計を去年のクリスマスまで戻すことになります。

...................................

巷ではクリスマス・イヴの夜。
ここは神保町。
岩波ホールのあるビルの前では、コーラス隊がクリスマスソングを歌っていた。
そんな聖夜のらくごカフェでは、落語協会二ツ目ユニットTENのスペシャルイベントがあった。
最前列の端、テーブルの近くに席を取った。
クリスマスということで、らくごカフェさんから、ドーナツを頂いた。
只で頂くのは無粋なので、アイスコーヒーを注文して開演までの間暫しコーヒータイム。
1224p1010226

続きを読む "2010.12.24 クリスマス・TEN"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »